「MLB Longest Homeruns」からバッターが学ぶべきこと

広告




目次

「MLB Longest Homeruns」からバッターが学ぶべきこと

「野球の基本はホームランだ」の真意

「longest homerun」で調べた

まずは、動画を観てもらいたい。

 

これは、メジャーリーグを代表するパワーヒッターたちの、

「物凄い飛距離が出たホームランだけを集めた映像集」

である。

「野球の華はホームラン」であることは、よもや誰も疑わないだろう。

 

「入るか?入るか?」という期待の数秒を経てスタンドに飛び込むホームランも良いが、

個人的には「打った瞬間に結果を確信する、圧倒的な飛距離のホームラン」に勝るものはないと思う。

私は特に、球場に居合わせた誰もが思わず息を呑むような一打、放物線の終着点が場外へと消えるような一振りに魅了される。

 

もちろんメジャーリーグだけでなく、わが日本でも、

近鉄・ブライアント選手のスピーカー直撃弾とか、

西武・カブレラ選手の天井直撃弾とか、

「これが史上ナンバーワンでは?」

と目されるような豪打は数多い(推定〇〇メートルという数値自体の信憑性は置いておく)。

 

 

さて、ピッチャーの側からすると、

「ここに投げてしまうと飛距離が出やすいというコース・高さには投げないこと」

が大事だが、

 

逆にバッターの側からすると、

「なるべく打球飛距離が出やすいように、打撃における諸々の変数を調整する」

ことが大切になってくる(打球飛距離は打球速度と読み替えてもらっても支障はない)。

 

では、バッティングにさらなる磨きをかけたい選手は、このホームラン集から何を学び取ることができるだろうか?

門田博光の本塁打一閃―ホームランに魅せられた男

門田博光の本塁打一閃―ホームランに魅せられた男

門田 博光
発売日: 2006/11/01
Amazonの情報を掲載しています

 

当たり前だが、一番危ないのは「ど真ん中周辺~ややインコース」。そして、インコースは引っ張り、真ん中~ちょい外はセンターに打つと飛距離が出るようだ

日本では、

「アウトローに投げておけば大けがはしない(長打はまず打たれない)」

という表現がよく使われる。

 

これは実際、正しい。

 

飛距離が出しにくいのは、まず何と言っても「膝の高さ」だ。

そして、(打者がよほどベースに近付いていない限り)ベースの外を掠めていくような際どいコースもまた、飛距離は稼ぎにくい。

 

もちろん、一番飛距離が出ないのは「膝の高さ」∧「外角いっぱい」=「アウトロー」である。

 

実際、先ほど紹介した動画でも、外ギリギリ・膝の高さの球を特大アーチへと変換している打者は皆無だ。

 

先ほどの動画を観返してみると、

高さとしては「ベルトのやや下~股の高さ」、

コースとしては「ど真ん中~ややイン寄り」が多い。

さらに、

インコースは引っ張った打球の飛距離が伸び、

真ん中~ちょい外寄りはセンター方向へと打てば飛距離が出る。

 

そういえば、

カブレラ選手の天井直撃弾はインコースを引っ張ったもので、

ブライアント選手のスピーカー直撃弾はアウトコースをセンター方向に打ち上げたものだった。

 

「外いっぱい・膝の高さのボールはホームランにはなりにくい」というのは、まごうことなき事実である。

 

ただし、なり「にくい」というだけで、膝の高さのボールを平気で放り込む打者はメジャーリーグに数多いし(膝付きホームラン、で検索してみるとよい)、

外いっぱいのボールをライトに打ち返した瞬間に「確信歩き」を始めるメジャーリーガーもいる。

 

あまつさえ、

「投手が絶対の自信を持って投げ込んだアウトローのボールを何食わぬ顔でスタンドに放り込む」

打者さえ存在する。MLBの中継を頻繁に観る人なら、一度はそういう光景を目にしたことがあるはずである。

 

そんなわけで、

「アウトローに投げておけばまず安心。長打はない」

という命題(というよりは、希望的観測)には、

「ただし日本国内、日本人打者が相手の場合に限る」

という限定条件を付しておかねばならない。

高校球児に伝えたい! ラテンアメリカ式メジャー直結練習法

高校球児に伝えたい! ラテンアメリカ式メジャー直結練習法

阪長 友仁
1,500円(11/20 14:36時点)
発売日: 2018/07/23
Amazonの情報を掲載しています

 

逆に考えると、「自分が一番飛距離を出せるコースがど真ん中~やや外寄りになるように打席の立ち位置を決める」のが良い

以上の話は、打席の立ち位置を決めるのに役立つ。

 

実践的な話としては、

「ロングティーで一番飛距離が出るコースが、ベースのど真ん中~ちょい外くらいになるように立ち位置を設定する」

のが良いだろう。

 

まず、基本的な戦略として、

「ストライクゾーンの中のなるべく多くのゾーンに対して、高い打球速度と大きな打球飛距離を与えたい」

わけだ。

 

そうなると、「ロングティーで一番飛距離が出るポイント」を、「ホームベースの真ん中~ちょい外に置いておく」のが戦略としては合理的だ。

 

なぜ「ちょい外」になるのかというと、

これは

「ベースから遠すぎるとそもそもバットが届かない・当たっても弱々しい打球にしかならないコースができてしまう」

という事情による。

 

プロでもこれをやってしまうことがある。

実際、渡米直後の松井秀喜選手はかなりベースから離れて立っていて、アウトコースをひっかけたセカンドゴロが多かった。

それで辛口のニューヨーカーたちに「ゴロキング」と痛罵されていたのだが、

ヤンキースの監督からのアドバイスでベースに近づいた位置に立ち位置を変えて成績を持ち直した…という事例があった。

 

 

それに対して、「多少ベースに近いかな」くらいなら、これは許容範囲だ。

なぜなら、インコースは打ち方さえまともであれば、多少コース的に厳しくても飛距離は出るからである(もちろん、何事も限度というものがあるので、あまりにもベースに近付きすぎるのもどうかとは思う)。

 

そんなわけで、立ち位置の決め方で迷ったら

「置きティーで一番飛距離が出るところが、ホームベースの真ん中~ちょい外に来るように立ち位置を決める」

と、大コケはしない。少なくとも、「肩を捻りまくる+ベースに近すぎるがために、インコースにはどん詰まり、アウトコースは当てただけのバッティングになり、たまに大きな当たりを打って喜んでいる」とか「ベースから遠すぎて、投手が外&外&外に投げてくるのを次々に凡打する」という結果は招かない。

 

とにかく、迷ったらここに立ち返るのが良いと思う。

私が

「バッティングの基本はホームランだ」

「バッティングの基本練習は、素振りじゃなくて置きティーだ」

と口を酸っぱくして言っている理由の一つでもある。

落合博満 バッティングの理屈―――三冠王が考え抜いた「野球の基本」

落合博満 バッティングの理屈―――三冠王が考え抜いた「野球の基本」

落合 博満
2,160円(11/20 14:57時点)
発売日: 2015/07/03
Amazonの情報を掲載しています

 

おわりに

今回の話を、ぜひ自分のバッティングの研究材料にしてほしい。

最終的に実行に移すのはあなた自身である。

今回の記事がお役に立てば幸いだ。

 

では、またこんど!

機動破壊 健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘策

機動破壊 健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘策

田尻 賢誉
1,620円(11/20 14:57時点)
発売日: 2015/04/08
Amazonの情報を掲載しています
「言葉」があなたの人生を決める

「言葉」があなたの人生を決める

苫米地英人
1,512円(11/21 03:25時点)
発売日: 2013/08/08
Amazonの情報を掲載しています

好評発売中です!

ホームラン量産マニュアル日本の若者は常識洗脳されている音読でバカが天才になる

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク