バッティングを「Launch Position」から組み立てるという発想

広告




バッティングを「Launch Position」から組み立てるという発想

せっかくLaunch Positionという概念が日本に入ってきたので、使い倒しましょう

Launch Positionとは? → 「前足のカカトが地面に接する瞬間(の姿勢)」のこと

ざっくり言えば、

Launch Positionとは? → 「前足のカカトが地面に接する瞬間(の姿勢)」のこと

です。

 

このLaunch Position=前足カカトの接地をきっかけにして、バッティングは並進運動から回転運動へと切り替わります。

 

そして、

・Launch Positionに入るタイミング…ほとんどの打者にとっては、ピッチャーのボールがマウンドとホームのちょうど中間まで来たタイミング。

ボールがいわゆるピッチトンネル(=打者が振ろうと判断してスイングを開始するチェックポイント)を通過する直前に前足のかかとが接地するというのが目安です。

ちなみに、ピッチトンネルは、投手の球速にもよるが、だいたいホームベースの下端から7.25m程度の地点とされています。

 

さらにいえば、

・「Launch Positionよりも、前」 → スイングのための準備局面

・「Launch Positionよりも、後」 → スイングそのもの

だとも言えます。

科学する野球―バッティング&ベースランニング (BBMスポーツ科学ライブラリー)

科学する野球―バッティング&ベースランニング (BBMスポーツ科学ライブラリー)

平野 裕一
1,620円(08/24 02:49時点)
発売日: 2016/12/01
Amazonの情報を掲載しています

 

Launch Positionはどんな打者でもだいたい同じ。その理由は?

いろいろな打者のLaunch Position=前足カカトが接地する瞬間だけを切り取って、一枚の画像にしてみました。

こう見てみると、

だいたいの打者は同じようなLaunch Positionをとっている

ことがわかりますよね。

 

ちょっと手を加えてみます。

共通点は…

・股関節と膝が適度な角度に曲がっている

・両足と頭を結んだ線がだいたい二等辺三角形になる

・バットは身体に近めのところ=後ろ肩の前あたりに置いてある

このあたりでしょうか。

 

では、それはなぜ?

なぜこのような形になるのか?

 

考えられる理由としては、

・「下半身の筋力が力を発揮しやすいような下半身の関節角度になっている」

・「地面反力をマックスまでもらえる形である」

・「下半身の筋肉が、伸張反射を起こす一歩手前の状態(着地で筋肉が引き伸ばされた状態)にある」

・「身体が回転すると素直にバットが出てくる位置に、バットが置いてある」

このあたりです。

 

以上のような事情を考えると、こんな発想が浮かんできませんでしょうか。

じゃあ、「Launch Positionからバッティングを組み立てる」のが良いんじゃないのか?

つまり、どんな打者でもだいたい同じような形になるということは、

「まずはLaunch Positionを身体に覚えさせること」から始めると色々スムーズになるんじゃないのか?

 

というわけで、「Launch Positionからバッティングを組み立てる方法」を考えてみましょう。

門田博光の本塁打一閃―ホームランに魅せられた男

門田博光の本塁打一閃―ホームランに魅せられた男

門田 博光
発売日: 2006/11/01
Amazonの情報を掲載しています

 

Launch Positionは「目線」で覚えよう!

先ほど、こんなリストを出しました。

・股関節と膝が適度な角度に曲がっている

・両足と頭を結んだ線がだいたい二等辺三角形になる

・バットは身体に近めのところ=後ろ肩の前あたりに置いてある

 

なんとなくこうすればいいんだろうなというイメージは付きますが、これらをそのまま意識すると頭がこんがらかりそうですよね?

もっとうまく、これらのポイントを一括で押さえられるようなアプローチはないものか?

 

実は、あります。

 

「目」を使うんです。

もっと言えば、「目線」を使うんです。

 

一言で言えば、

「その人にとって最適なLaunch Positionに入った時の目線の位置を、そのまま覚えてしまう」

んです。

では、なぜ目線から変えるべきなのか?

・人間の身体の使い方は、首や目がどこを向いているかによって大幅に変わるものだから

・人間は野球をするときに視覚に大いに頼る。視覚情報でほとんどすべてを判断する

・その人にとって適切なLaunch Positionというのは、おそらく思ったよりも低い

・多くの日本人打者はLaunch Positionでの目線と姿勢が高すぎる

こういうわけです。

 

だからこそ、

「目線を変えれば、身体の動きが一発でガラリと変わる」

んです。

 

体幹や下半身の角度やバットの位置を同時にアレコレ意識するのではなく、目線から変えるのが、効率のいいアプローチです。

私が懇意にさせていただいている理想の打撃yasさんは、この「目線から変えるアプローチ」を「アイポジション」と名付けられています。

 

その人にとって最適なLaunch Positionの見つけ方

それでは、そもそも

「その人にとって適切なLaunch Positionの見つけ方」

はあるのでしょうか?

言いかえると、

「目線を変えればガラリと変わるのはわかった。じゃあ、具体的に目線をどこに置けばいいのか?」

ということです。

 

もちろん、そのポジションを探す方法論はあります。

 

ここで振り返ってもらいたいのが、さきほど挙げた、好ましいLaunch Positionが満たす条件のリストです。

・「下半身の筋力が力を発揮しやすいような下半身の関節角度になっている」

・「地面反力をマックスまでもらえる形である」

・「下半身の筋肉が、伸張反射を起こす一歩手前の状態(着地で筋肉が引き伸ばされた状態)にある」

・「身体が回転すると素直にバットが出てくる位置に、バットが置いてある」

このうち、「バットの位置」は、目線を変えれば勝手に付いてくる(やってみるとわかります)ものなので、ノータッチで。

 

「下半身の筋力が力を発揮しやすいような下半身の関節角度になっている」「地面反力をマックスまでもらえる形である」「下半身の筋肉が、伸張反射を起こす一歩手前の状態(着地で筋肉が引き伸ばされた状態)にある」

…これらは、要するに、いわゆる「下半身のパワーポジション」の条件でもあります。

ということは、シンプルに、パワーポジションの形を作ってしまえば良いんじゃないでしょうか?

 

つまり、「軽くピョンと飛び跳ねて着地したときの形」をまずは作ってみる。

「バットを持ったまま、軽くピョンとその場で飛び跳ねてみて、着地してすぐにバッと動き出せる形」をまずは作る。

その状態から、頭と目だけをピッチャーのほうに向ける。

このときの目線の位置を覚えてしまえば、一発で「その人にとって適切なLaunch Position」が作れそうではありませんか?

 

この形は、野球の守備やテニスでいうスプリットステップに近い形です(守備だともう少し上半身が前傾しますが)。

こうやれば、難しくあれこれ考えずとも、勝手に↑の条件は満たされることになりそうです。

 

実際にコーチングするときには、コーチ役の人がボールを持って良い感じのところに置いて、

「このボールが、目と目の間のスペースにピタリとくっつくように頭の位置を変えてみて」

という風に誘導してあげるのも良いかもしれません。

(このボールの位置をきっちり測っておくと、不調の脱出にも使えるかも)

Hitting Biomechanics

Hitting Biomechanics

Bob Keyes
8,839円(08/24 03:06時点)
発売日: 2019/08/23
Amazonの情報を掲載しています

 

「並進運動からLaunch Positionに入っていく」と「Launch Positionを作った状態からそのまま振り出す」を組み合わせながら、Launch Positionへの入り方の最適解を探る

というわけで、まずは「Launch Positionの適切な位置を探し」て、「その位置を目線で覚えてしまう」こと。

それができているものとして、スイングを組み上げていきます。

 

①「並進運動からLaunch Positionに入っていってそのまま打つ」

目的は、モーメンタム=運動量=ステップしていく勢いをそのままスイングにつなげる、という一連の流れを身体に染み込ませること。

ステップしながらLaunch Positionに入っていって、そのまま打ちます。

 

②「Launch Positionを作った状態からそのまま振り出す=クイック打ち

今度は逆に、一切並進運動を使わずに打ってみましょう。

 

Launch Positionからそのまま振り出すにはどうすればいいのか?

を、身体を使って考えます。

 

クイック打ちの場合はステップの勢いが使えませんので、

①身体の各部をうまく連動させて一気にバットを加速させるコツをつかむこと

②両足の使い方(前足の膝の伸ばし方、後ろ足の股関節を爆発的に使うこと)を覚えること

が必要です。

少なくとも、「両足と頭を結んだら二等辺三角形になる」ような形が作れていないと、①と②をクリアすることは難しいでしょう。

 

この2つのドリルをバランスよくやっていけば、「Launch Positionにスムーズに入っていく」「Launch Positionからスムーズに振り出す」ことができるようになります

最適解を個々人の中で探っていくことです。

 

 

今回紹介したようなアプローチを使えば、かなり速いペースで「身体を効率良く使った打ち方」を体得することができるでしょう。

 

では、またこんど!

立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)

立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術(ありがとう出版発行)

苫米地 英人
1,512円(08/24 04:29時点)
発売日: 2013/10/10
Amazonの情報を掲載しています

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク