【お知らせ】今後の野球関連の記事は、月額500円の野球情報マガジン「月刊クリヤマベースボールアカデミー」の方に書いていきます!

広告




目次

月間「クリヤマベースボールアカデミー」

このたび、クリエイター支援プラットフォーム「note」にて、有料の月刊購読マガジン(500円)で連載を持たせていただける運びとなりました。

以下、そのマガジンの宣伝+αです。

 

このマガジンは「もっと野球が上手くなりたい!選手を上手くさせてあげたい!」と願うすべての野球関係者のための野球情報誌です。

内容は…

・バッティングの仕組みの解説

・バッティング能力向上のための具体的指針

・ピッチングの仕組みの解説

・ピッチング能力向上のための具体的指針

・スプリントの仕組みの解説

・スプリント能力向上のための具体的指針

・理想的なトレーニング方法

・セルフコーチング術

・チームコーチング術

・「最近野球界で話題の〇〇」についての見解

など。

 

対象読者:

1.「プロ野球選手になって活躍したい!」と願うプレーヤー

2.「メジャーリーガーになって活躍したい!」と願うプレーヤー

3.「科学的・合理的で確実に結果が出る野球上達の方法」を知りたい人

4.野球そのものを純粋に楽しみたい人

5.選手の潜在能力を引き出す指導ノウハウを知りたい方

 

徹底的に「野球が上手くなるための情報と知識」を伝授します!

 

月額制の野球情報マガジン「月刊クリヤマベースボールアカデミー」はこちらから!

 

付記:このマガジンを始めた思惑

私がこのマガジンを創始したのは、「やりたいことを好きなだけやって生きていく自由」を手に入れるためです。

 

好きなことを好きなだけやることによって、自分以外の誰にも生み出せない付加価値がそこに生まれる

→その付加価値に対する対価を、消費者の方々と直接取り引き(いわゆる C to C。経団連企業や仲介業者を介さないで、ということ)して、「貨幣=お金」という形で払ってもらう

→お金の量が「生活ライン=日本だと20万円程度で、家賃や光熱費や食費や保険料といった諸々の支出をクリアして、経済的に独り立ちできるライン」を超えれば、晴れて経済的自由を手に入れられる

→経済的自由さえ手に入れば、あとはひたすら「好きなことを好きなだけやる」ことによってより多くの付加価値を生み出す生活をしていればよい。これは言葉を換えると、「やりたいことをやって生きていく」ことができる

ということです。

 

つまり、

やりたいことをやって付加価値を生み出して、

その対価としてお金を受け取り、

その額が生活ライン(日本では約20万円)を超せば、

資本主義社会における「経済的自由=企業に雇われることなく、仕事を嫌々やることなく、自分の意志だけで自由に活動することができる状態」が手に入る

という図式です。

 

私は諸事情ありまして大学の卒業が一年遅れになっているのですが、就職した同級生たちが口々に「仕事がつらい」「会社に行きたくない、つまらない」「自分の自由になる時間がない」と言っているのを聞き及んで、「ああ、会社に入ったら自由に生きることはできなくなるんだな…」と、実に暗澹たる気持ちになりました。

とはいえ、現代は「個人が、好きなことを好きなだけやって生きていくための仕組み・プラットフォーム」は徐々に整いつつある時代です。

そこで私も、時代の恩寵にあやかって、世でいうところの「好きなことを好きなだけやって生きている人」の一人になろうと思い立ったわけです。

 

「好きなことを好きなだけ」というのは、私の場合は、「読書、勉強、学問、トレーニング、野球の練習、論文を読んだり書いたりする、諸々の執筆活動をする、イラストを描いたり見たりする、音楽を聴いたり作ったりする、漫画を読んだり書いたりする、小説を読んだり書いたりする、映画やアニメを観たり作ったりする、日本各地をブラブラと旅行する、オーディオ機器を集める…」といったことをやっているうちに一日が終わるような生活のことです。一日が何時間あっても足りないという焦りが強く、仕事や大学の勉強に追われるのは自分の人生の時間の使い方として実に惜しいなと思っています。自分の興味だけに従って生活したいものです。

もちろん私には私なりの人生のゴールというものがいくつかあり、それを人に明かすことは決してありません。…が、そのゴールを具体的な日々の生活という形で書き下してみると以上のようなお品書きになるわけです。

 

さしあたって、こちらのブログはさほど更新しないことになると思われますが、noteマガジンのほうは今後もガシガシ更新していきますので、どうぞそちらをお楽しみいただければと思います。

 

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク