動作

ピッチング

球速アップしたい投手向け:「下半身・グラブ側の手・ボール側の手」の基本的な使い方について その1

球速アップしたい投手向け:下半身・グラブ側の手・ボール側の手の基本的な使い方について その1  シンプルに、シンプルに、シンプルに考える。徹底的に分析したうえで、あえてシンプルな原則だけに絞る 投手の基本的な下半身の使い…

バッティング

バッティング・ピッチングの重心移動は、①上下左右に蛇行しないこと ②不要なブレーキをかけないこと が重要だ 後編

バッティング・ピッチングの重心移動は、①上下左右に蛇行しないこと ②不要なブレーキをかけないこと が重要だ 後編 「並進運動と回転運動の中心は、身体重心である」という事実は動かせない! 前回のおさらい 簡単に前回のおさら…

バッティング

バッティング・ピッチングの重心移動は、①上下左右に蛇行しないこと ②不要なブレーキをかけないこと が重要だ 前編

バッティング・ピッチングの重心移動は、①上下左右に蛇行しないこと ②不要なブレーキをかけないこと が重要だ 前編 「バタバタ・ぎこちないフォームの人」「美しくないフォームの人」は、だいたい重心移動の軌道がおかしい 重心移…

バッティング

打撃動作が洗練されていくとどうなるか?→「美しく、迫力のあるフォーム」「簡素で、再現性の高いフォーム」になる

打撃動作が洗練されていくとどうなるか?→「美しいフォーム」「簡素で、再現性の高いフォーム」になる 「息を呑むほど美しいフォーム」の選手、だいたい上手い説 プロ野球選手のプレーは、一度でもいいからナマで観ておくべき。ただし…

バッティング

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その7

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その7 「ピッチング・バッティングにおける重心と地面反力との関係」を踏まえた上で、「地面反力を使うためには、三関節直列…

バッティング

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その6

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その6 ピッチングとバッティング、どこが同じでどこが違うか 前回の補足:バッティングの時の重心移動の軌跡を上から見ると…

バッティング

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その5

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その5 三関節直列+トリプルエクステンションについて語る前の下ごしらえ:ピッチングとバッティングの違いとか 「バッティ…

バッティング

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その4

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その4 「三関節直列+トリプルエクステンション」とバッティング…の前に、いったん理屈の話を 前回の記事では「三関節直列…

バッティング

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その3

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その3  バッティング・ピッチングと「三関節直列+トリプルエクステンション」との関係 前回までのおさらい 前々回の記事…

バッティング

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その2

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その2 地面反力をうまく活用できるかどうかで、打球の飛距離や球速がまるで変わってくる 三関節直列のポイントは2つ。1.…

バッティング

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その1

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について その1 「三関節直列」と「トリプルエクステンション」を知ると、動作の理解がぐっと楽になる 「三関節直列」とはそもそも何だ? まず、三関…

バッティング

野球のバッティングを考えるときには、「物理の法則」と「身体の法則」をもとにして考えると良いかも

野球のバッティングを考えるときには、「物理の法則」と「身体の法則」をもとにして考えると良いかも 「理論だけの人」にならないために 「理論バカ」にならないためには、「完璧な理論なんて存在しない」「自分の考えは間違っているか…