「 頭がいい人の特徴 」 一覧

頭の回転が遅い人ほどナメられやすい社会になっている → 音読で対策しよう! 後編

頭の回転が遅い人ほどナメられやすい社会になっている → 音読で対策しよう! 後編 …

頭が良い人と悪い人は、人生のどの時点で差が付いたのか? その1

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、音読連載(【頭が良くなる音読法のすべて】) …

「音読でワーキングメモリが拡張されると、要領が良くなり、頭の回転も速くなる」という話

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回も「音読のすべて」シリーズです。 「音読でワー …

数ある勉強法のなかで唯一、直接的に「脳のスペックを上げる」ことができるのが「音読」!

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、「音読という勉強法は、どこがユニークなのか …

知識量を加速度的・爆発的に増やすためには「全体像の把握」がカギになる

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、「ゲシュタルト構築」の話をします。 ゲシュ …

少食な偉人・著名人のまとめと、少食がなぜいいのかについての考察

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、最近扱った「少食」というテーマでまた書きま …

「少食」で成功している人の例と、なぜ少食で頭が冴えるのかについての仮説

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、「食事」について書きます。 現代人は忙しい …

「そもそも、音読で頭が良くなるのはなぜなのか」を考える

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、このブログでも何度か触れている「音読で頭が …

「野球の練習・試合では声を出さねばならない」という常識を疑ってみる

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、「常識を疑う」を実践します。具体的なテーマ …

なぜ本当に頭の良い人は、何事もテキパキと片づけられるのか?「生きる速度」のはなし

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 私は小さいころから、偉人の伝記や、凄い人の逸話が好 …

「頭を良くしたい人」は、結局何から手を付けるのがいいのか? 総集編Part.1

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 聞くところによると、2050年頃には現在の「士業」 …

「圧倒的な知識量」を身に付けるには4つの方法がある

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 突然ですが、「知識というのは多いほうが良い」という …

【頭が悪くなる方法】「感情」と「論理」をごっちゃにして議論する

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、「論理と感情の分別」について書きます。 日 …

もう〆切は気にしない。大量のレポート課題を「とても楽に」捌く方法

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 大学では、ちょうど今が期末試験の季節です。 レポー …

『思考停止という病』(苫米地英人)のあらすじと感想

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、このブログでたびたび登場している苫米地英人 …

「セルフ・イメージ」だけが、あなたという存在を100パーセント規定している

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、「セルフイメージのすばらしさとおそろしさ」 …

【試験に苦しむ学生必見】最小の労力で最高の成績が獲れる! 「テスト前超音読」のススメ

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 つい先日センター試験が終わりましたが、私の大学でも …

「おもしろさ」と「抽象度」の関係とは?

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 「おもしろい人は頭が良い」とよく言われますね。 そ …

世界で一番頭が良い人はきっと「世界オタク」に違いない。

こんにちは! 栗栖鳥太郎です! 今回は、「世界一頭の良い人とは、いったいどんな人 …

頭の良い人はみんなやっている。「三法界瞑想」で、自分の可能性に気付く

こんにちは! クリストリタロウです! いまぼくは、『思うままに夢がかなう 超瞑想 …