人生・生き方・哲学

【野球】「目標を高く持つ選手」と「目標を持たない選手」の間にはどれだけの差が生じるのか? シミュレートしてみた

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 最近私は「苫米地式コーチング」を本で学んでいるのですが(本当はコーチ養成講座みたいなのに行くべきなんですが、まだ行きません)、 「コーチングを野球に応用したら、日本の野球界のレベルはものすご…

学んだ・考えたこと

日本の野球関係者はもっと「ゴールを高く」持つべきだ。「甲子園出場」「全国制覇」はゴールとして低すぎる

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、常々疑問に思っているテーマ「なぜ日本の野球には未だに根性論がはびこっているのか」について書きます。 私が「根性論・精神論」と呼んでいるのは、 「バッグや靴をしっかり並べて全力疾走する…

人生・生き方・哲学

苫米地英人氏の新刊『苫米地博士の「知の教室」』に震撼させられたので、発売当日にブックレビューしてみた

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、本日8/11発売の書籍 「苫米地博士の「知の教室」~本当の知性とは難しいことをわかりやすく説明することです! (カーネギーメロン大学院&イエール大学院式)」 をレビューしてみ…

コミュ障・ぼっち・非リア

「音読&瞑想」でインスタント天才になれる! 死ぬほど頭が良くなる七日間「音読&瞑想」チャレンジ のご案内

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 最近は「新しい書籍の執筆」で忙しい思いをしております。 新刊は、「若者にかけられた常識という洗脳を解除するための本」になります。 かなり書きごたえのあるテーマです。 ・・・それはさておき、今…

コミュ障・ぼっち・非リア

「自分を客観的に見る」なんて幻想。キョドる原因・不幸の種は「自己の客観視」にある!

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 よく「自分を客観視する」なんて言いますが、私はそれに反対です。 自分を客観視しようとすると、さまざまなデメリットがある。 ついでにいえば、自分を客観視するというのは原理的に無理。 今回は、「…

人生・生き方・哲学

うわっ…私の常識、もろすぎ…? 「常識に頼る」と裏切られるし結局めちゃくちゃ損しますよ

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 世の中の多くの人が勘違いしていることの一つに、 「夢を持つのは結構だが、常識的に考えて達成可能なものにしておきなさい」 という教えがあります。 ドリームキラーとなる人々の言い草としては、 「…

コミュ障・ぼっち・非リア

現代日本では「やらされる活動」が能力の低い人をもっとダメにしている!勉強でも部活でも仕事でも。

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、最近気になっている「やりたくてやる」と「やらされる」の違いについてお話しします。 現代日本では「やらされる活動」が能力の低い人をもっとダメにしている!勉強でも部活でも仕事でも。 「や…

コミュ障・ぼっち・非リア

日々の生活に物足りなさを感じる人は、「一生をかけて追究できそうなもの」を発見してのめり込めばいい

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 私が個人的にとても尊敬している方が二人いるのですが、 それは、スポーツ界では小山裕史氏、頭脳という点では苫米地英人氏です。 お二方とも、「一生をかけて追究していけるもの」を追い求めるという点…

学んだ・考えたこと

【日本屈指のエンターテインメント】「高校野球は、すごい!」と断言できる7つの理由

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 最近ずっと、「高校野球って、プロ野球とも大学野球とも違った独特の面白さがあるよなあ。なんでだろう?」と考え続けていました。 よく、小学校時代の夏休みを思い出します。 ひまになったらとりあえず…

コミュ障・ぼっち・非リア

「みんなと一緒がいい」は洗脳であり幻想。「無能が有能を追い抜ける、たった一つの可能性」は、「孤独な時間を増やすこと」だ

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、「孤独」についての記事です。 現代は、何かと「みんなと一緒であること」「普通であること」「ほかの人によく見られること」が重要視される時代であると私は感じています。 そんな時代にあって…