「野球の練習・試合では声を出さねばならない」という常識を疑ってみる

   

こんにちは、栗栖鳥太郎です。

今回は、「常識を疑う」を実践します。具体的なテーマを取り上げて、一緒に疑ってみましょう。

私は野球をやっているので、今回取り上げるのは「野球の練習・試合では、声を出さねばならない(声出しすべき)」というテーマです。

一緒に、ケーススタディ方式でやってみましょう。

「そうか、常識はこうやって疑うのか」というのがわかると思います。

「野球の練習・試合では声を出さねばならない」という常識を疑ってみる

⓪野球界の現状

私は(一応)大学野球選手ですし、野球関係の本もよく読みますから、「野球界では、声出しというものはどのように考えられているのか」についてはかなり知っている方だと思います。

ですから、まずは野球界の現状を知ってもらいましょう。

 

まず、野球界で一般的に「声」と呼ばれているものは、野次を除けば、

①個人が気合を入れるための声

②集団が一体となるための声

③プレーに対する指示の声

④選手を鼓舞したり、励ますための声

⑤相手を圧倒するための声

・・・といったものが主でしょう。

たとえば、①は有名な「バッチコイ」的な声ですし、②は集団でランニングするときの「1,2、3,4」といった声です。

 

さらに、「野球界で、声出しというものはどのように評価されているか」については、

①声が良く出ているチームは雰囲気が良いとされる

②練習中の「声」が少ないと、活気のない練習とされる

③声が小さいと、「声出てないぞ、声出せ」と言われる

ということが言えます。

 

具体的に言えば、北海道勢として初の甲子園制覇を果たした駒大苫小牧高校では、相当「声」が重視されていました。的確な指示の声を中心として、選手たちは積極的に声出しを行っていたようです。高い声の方が通りやすいということで、選手の多くはわざと高い声で指示を送り合っていたとか。

また、その駒大苫小牧高校の監督であった香田誉士史さんは、花巻東高校と練習試合をした際に、花巻東高校のベンチの雰囲気が良かったため、自チームの選手たちに「あの雰囲気を見習え」と言っていたそうです。

 

このように、野球界では「声が出ているのはいいことだ」「声が出ていないのは悪い状態だ」という判断がされています。

では、本当に「声出しはいいことだ」と言い切れるのでしょうか。

じっくり考えていきましょう。

 

①脱常識する前に、まずはゴールを設定する

ゴールという目標地点がない限り、物事の判断というのはしようがありません。

判断基準がない限り、ある物事について評価を下すことはできないのです。

そこでまずは、「ゴール」を設定します。

 

ゴールについてはこのブログで何度か触れていて、いろいろ言いたいことがあるのですが、ここではあえてシンプルに、

 

A「チームに所属する選手が、社会的に通用するための素養を身に付ける」(指導者目線)

B「個人が上達する」(個人目線)

C「チームが試合で勝利する」(チーム目線)

 

という3つのゴールを設定します。

この3つのゴールを達成するためにベストを尽くせば良いわけで、その過程で不要な常識は次々と脱ぎ捨てられていきます。

 

②ゴール達成のために、本当に「声出し」は必要か?

まず、A・指導者目線から「声出し」を考えます。

「選手が社会的に生きていけるだけの素養を身に付ける」というゴールのためには声出しが必要かどうか?

 

社会的に生きていくうえで必要なのは、ずばり「相手とコミュニケーションが十分にとれる」という能力でしょう。対人関係をきちんとできる能力があれば、たいていのことはなんとかなります。

 

そのコミュニケーションをとるためには、

はっきりとした声で、

十分相手に聞こえる声量で、

自分の言うべきことをはっきりと言える・・・といった条件が考えられます。

 

こういった条件を満たすために、普段から野球のグラウンドで「コミュニケーション手段としての声を出すこと」を練習しておくのは、悪いことではなさそうです。自分の言うべきことを言ったり、相手に指摘して気付かせたり・・・といった経験を積み重ねていれば、社会に出ても引き続きやっていけるでしょう。

つまり、とりあえずA指導者目線では、声出しは必要だと言えそうです。

 

 

次に、B個人目線ではどうでしょうか?

個人の上達のために声出しはすべきでしょうか?

 

これに関しては、「個人が上達するためには、声出しはいらない」と考えるのがよさそうです。

というのも、ひとりで黙々と素振りしているときには大声で叫びませんし、集中して技術習得するときにもやはり黙っているはずです。声を出すと余計なエネルギーが流出するので、静かにやるべきでしょう。

 

最後に、C集団目線・試合に勝つために声出しは必要かどうか?

これについては、「試合に勝つために役に立つ声出し」と、「役に立たない声出し」に分けることができそうです。たとえば、先ほど例示した

①個人が気合を入れるための声

②集団が一体となるための声

③プレーに対する指示の声

④選手を鼓舞したり、励ますための声

⑤相手を圧倒するための声

のうち、試合で勝つために必要なのは主に「③、④、⑤」ではないかという見当が付きます。

試合中に必要な声はこの二つが主で、あとの①、②は試合ではあまり必要ないと考えられそうです。

 

以上、かなり簡略化して述べたのでいろいろツッコミどころがあると思いますが、この節で述べたことはかなり限定的なので、あくまでも「こういう風に考えることができるんだな」という一例としてとらえてください。実際にはもっと込み入った形で考えることになります。

 

③ディベートの論理思考テクニックを使って考える

さらに詰めて考えましょう。

ここでは「C試合に勝つために」というゴールだけに絞って考えます。

 

この場合、「試合に勝つ」という目的のもとにあらゆることが組み立てられるべきです。試合に勝つために必要ない声は排除されるべきですし、必要とされるのは「チームが試合に勝つために必要な声」だけです。

 

たとえば、「ベンチにいる選手が声を出すべきだ」という命題は、C試合に勝つためにというゴールのもとではどう判断されるのか? ということをちょっと考えてみます。

ベンチにいる選手は声を出すべきだ、とよく言いますが、本当にそうでしょうか。

 

まず、ベンチにいる選手がチームの勝利のためにすべきなのは

①自分自身が出場することになったときにベストプレーができるように準備すること

②試合に出ている選手のサポート

この二つだけです。

 

まず、ベンチで声を出したからといって自分が試合でベストプレーができることにはなりません。むしろ、静かに考えを巡らせて、「自分がもし出るとしたら、こういう場面だろう。そのためにこういうことを考えておこう」という思考を十分に済ませておくべき。集中して考えるときに声出しは不要。声を出している間は集中して考えることができない、ということになりますね。

この場合、声出しに気をとられて自分の準備がおろそかになれば、チームの勝利というゴールから外れることになります。したがって、選手個人の準備というレベルで考えると、むしろ声出しは悪ということにもなります。声を出す余裕があるのなら、自分がチームの勝利のためにできるプレーを想定しておくべきです。

 

また、②についていえば、「ベンチにいるメンバーの声にサポートされて」とか「ベンチで声を出して試合の流れ・雰囲気を作っていく」とも言われますが、これも怪しいでしょう。

 

まず、

①試合の流れを作るのは試合のスコアや出塁の頻度やプレーの良否が主であって、ベンチの声というのはほとんど影響しない。ベンチの声が出ているから雰囲気が良いというより、雰囲気が良かったり勝ち切れる自信があるからこそ声が出るのでは? また、「悪い状況にこそ声が出るのが強いチーム」と言われるが、劣勢の場合は声を出すことよりも、集中して相手を攻略する方法を熟考すべきではないか。集中して考えるときに声出しは不要

②グラウンドにいる選手と、ベンチにいる選手との間に温度差がある場合がある。ベンチで盛り上がっていてもグラウンドにいる選手にそれがダイレクトに伝わるかどうかは怪しい

 

・・・というわけで、いわゆる「声出し」というのは、試合に勝つという目的のためには必ずしも必要とは限らないといえそうです。

ここまで考えてきたように、常識というものは必ずしも根拠があるとは限りません。

 

声出しということはあくまでも手段であって目的ではありません。

「チームの勝利のために声出しをする」というならまだわかりますが、

「声出しをするからチームが勝つ」というわけではないのです。

↑のように、「因果関係を逆転させてしまっていないか?」というチェックを入れたり、「手段と目的がひっくり返っていないか?」と確かめたりすることで、より判断が確実になります。

 

また、一見強固に見える常識であっても、「事実・論拠・主張」の三本柱がそろっていないということが往々にしてあるのです。ここらへんのことは、過去の記事「あなたを支配下に置こうとする人の理不尽な物言いに騙されないための論理思考・超入門」に詳しく書きました。常識を疑うときにも使えるテクニックですから、ぜひ参考にしてみてください。

 

④脱常識したら、足跡を振り返ってみる

ここまで述べてきたように、「声を出せ!」という野球界の常識は必ずしも正しいとは限りません。

強いチームが声を出しているから・・・という人もいますが、強いチームが声を出しているからといって自分たちも必ず声を出すべきだとは限りませんし、そもそも強いチームが声を出さずに黙々と各々自分のできるベストを静かに遂行している方が脅威かもしれません。

あくまでも「声を出す」というのは、「○○のために声を出す」という手段の形で用いられるべきものであって、目的にはなりません。「声が出てないからダメ」といった判断をしている時点で手段と目的が逆転しており本末転倒です。

 

・・・とここまで考えてきましたが、この程度まで考えてやれば十分に脱常識が成功しています。

たとえ検討の結果もとの常識を採用することになったとしても、一度十分に考えたうえでの判断ですから大丈夫です。常識を何も考えずに鵜呑みにしている状態よりははるか先を行っています。

 

そして、「よし、脱常識できたな」と思ったら、脱常識したプロセスを振り返ってみましょう。

ゴールを設定して、そのゴールを達成するために必要なものだけを残して、論理的に考えてつじつまのあわないものははじいて・・・という足跡をもう一度確かめると、自分がいかにいままで常識という実体のないものに縛られて生きてきたかがよくわかります。

 

また、脱常識に成功すると、「そうか、やっぱり同じことを考える人がいるんだ!」とか、「そうか、あの偉人や成功者が言っていたことの意味はこれだったのか!」とわかるときがかならず訪れます。その瞬間はとても気持ちがいいものです。病みつきになります。

今回の野球の例で言えば、私はずっと「キャッチボール中に声を出すのはおかしいよな。集中して練習しろというのに、声を出してたら上達速度が鈍くなるんじゃないの」と思っていたのですが、桑田真澄氏が「キャッチボール中に声を出すのはおかしい」と言っているのを聞いて、「やっぱり! 同じことを思ってたんだ」とプチ感動しました。

 

最後に一言。

なにかの道の成功者というのは、たいていが脱常識に成功しています。高いゴールを目指してやっていれば必然的に、それまで頼っていた常識の殻を打ち破る必要があるからです。

 

まとめ + 脱常識に成功したい人のための本

さて、いかがでしたか。

 

今回述べてきたように、「常識」とされていることが実は根拠薄弱で、

唯一根拠らしきものを探しても「過去にこれでうまくいったから」「すごい人・すごい集団がやっているから」「あの人がこうやれっていうから」といった根拠にもなっていない根拠しか存在しないことが多いのです。しかも、それが当然のことのように、権威あることのような顔をしてまかり通っている。

 

まだまだ日本社会(今回の記事では野球界)は常識に凝り固まっています。

常識というより、偏見とか悪習と呼ぶ方が良いかもしれません。

論理というフェアな道具を使わずに、ただなんとなくこれがよさそうだと思うからそうする・・・という方法をやっている限り、大した進歩はしません。

この記事を読んでいる人はぜひ、論理的に「脱常識」に成功していただきたいと思います。

 

では、グッド・ラック!

 

★おまけ 「脱常識したい」人のためのおすすめ本★

・・先日も記事で書きましたが、私は苫米地英人氏の本を70冊近く読み切り、「ああ、この人はモノホンだ。うさんくさいっていう人もいるけど、論理で考えると本物だな」と確信しました。どんどん思考の盲点が外れて、今まで見えなかったものが見えてくるようになります。すべて「事実」をもとにした「論理」でモノを言ってくる人ですから、読むだけで論理的に考える力が付くことも間違いありません。この人の本を読んでいるうちに、どんどん脱常識に成功していくこと請け合いです。ぜひ読んでみてください。

 

以下におすすめの本を挙げておきます。

・「立ち読みしなさい!~美しいほどシンプルな成功術

・「ディベートで超論理思考を手に入れる

・「苫米地英人、宇宙を語る

・「洗脳原論

・「思考停止という病

・「まずは親を超えなさい!

・「すべてを可能にする数学脳のつくり方

・「「生」と「死」の取り扱い説明書

・「君は1万円札を破れるか?〜お金の洗脳を解くと収入が倍増する

 

大学教科書・専門書・医学書の買取サイト「専門書アカデミー」

 

――この記事をちょっとでも面白い・役に立ったとお思いになりましたら、ぜひFacebook・はてブ・ツイッター等で共有していただければとてもうれしいです――

 

 - コミュ障・ぼっち・非リア, 人生・生き方・心の迷い・邪念への対処・哲学, 有益な情報, 栗栖鳥太郎が学んだ・考えたこと, 頭がいい人の特徴, 頭が良くなる習慣, 頭の良い人だけが知っていること , , ,