「小さいころから自分のやりたいことだけやれ」ば、生きるのに必要な知識は身に付く説

   

こんにちは、栗栖鳥太郎です。

今回は、「しっかり学校の勉強しないと将来困るよ!」と言いがちなお母さん方を卒倒させるような記事になります。

テーマは、「小さいころから自分のやりたいことにひたすら熱中すれば、別に学校の勉強や塾の勉強なんてしなくても、生きていく上で必要な知識はすべて身に付く」という説です。

「小さいころから自分のやりたいことだけやれ」ば、生きるのに必要な知識は身に付く説

 「やりたいこと」と「やらされること」の途方もない差

現代の教育は「やらされることによるパフォーマンス低下」を度外視している!

まずは、現代の教育がいかに「やらされること」をベースにしているかを考えましょう。

現代教育の「やらされる」とは、

①自分で学ぶ内容を選択できない

②自分で学ぶ時間やペースを選択できない

③師匠や先生を自分で選ぶことができない

という三点に集約されます。

 

現代の教育では、検定の入った教科書が学校によって指定され、授業内容はすべて先生が決め(①)、決まった時間にみんなで同じ場所に集められて同じ授業を受け(②)、さらに、個人が教わる先生を決めることはできません(③)。

 

しかも、先生の言うことは(なぜか)絶対で、言うことを聞かないでいると「問題児」扱いされ、矯正・粛清されることになります。もはや軍隊並みの絶対服従です。

学校教育というのは根本的に、

「きみたち子どもは無知だから、大人の我々がすべてを教え込まなければやっていけない存在なのだ」

「効率よく教え込むためには、先生の命令や指示には絶対服従せよ」

という前提のもとに成り立っている、といえるでしょう。

 

個人を尊重? そんなのは学校の神話であり、単なるおとぎ話です。本音としては「命令にうまく従う存在を量産したい」のですが、さすがにそれを全面に押し出すことはできません。

学校の授業というのは、「強制」であるのが当たり前なのです。

 

しかし、言うまでもないことですが、人間がもっとも早く知識を吸収することができるのは、「自分が好きな分野」「やっているだけでワクワクしてくる分野」です。

鉄道マニアの人は鉄道関連の知識(車種や時刻表、路線名や駅名など)をどんどん吸収しますし、昆虫が好きな人は豊富な生物の知識を持つことになります。あるゲームにハマる人は、そのゲームに関することならなんでも覚えてしまいます。

最近見かけたのでは、「プロ野球のピッチャーのグローブを見ただけで誰かわかる」というのもありました。まったく興味のない人がこういうことを覚えようとするのは難しいでしょう。

 

しかし、現在の教育のように「強制されたことを勉強するとき」には、そのような没頭・ワクワク・楽しさがまるでないのです。楽しくないから、知識吸収も遅い。

人間の脳は、強制されたとたんに能率が落ちるという性質を持っているのですから、「学習」「知識獲得」したいのであれば、命令や強制はご法度なのです。このように、現在の学校教育は、教育改革とかいじめ対策とかの話をする以前の問題を抱えています。

 

「ワクワクする勉強」をするときの子どもの知識吸収速度をなめてはいけない

原理的に考えると、いちばん最高なのは

「あらゆる分野に好奇心をもって夢中で調べているうちに、いつの間にか広く深い知識を持っている」というものです。

これなら楽しいですし、活きる知識にもなります。知識の吸収速度も段違いです。

 

ここで、

「そうは言っても、自分の好きな分野だけをやっていると知識に偏りが出るのでは?」

と思われる方も多いはずです。

私はそうは思いません。

 

まず、「知識が偏る」ことの何が悪いのかがわかりません。知識が偏っているほうが、その分野でのスペシャリストになれる可能性が高いはずです。知識が偏っている分野を複数持っておけば、どんどん希少価値が高まります。

それに対して、偏った知識を持たない人は、かなり取り替えが利きやすい存在ではないでしょうか。特徴がないのですから、代わりはいくらでもいます。

リンダ・グラットンが「ワーク・シフト」のなかで指摘していたのですが、これからの時代に生き残っていけるのは「複数の分野においてスペシャリストである人」だそうです。広く浅い知識しか持たない器用貧乏なジェネラリストは価値がなくなっていく、と。私も同意見です。たくさんの科目ができて得をするのは大学受験の時くらいですが、その大学受験にしても、やりたくもない勉強をキットカットをご褒美にしながらやっているというのが現状です。

 

もちろん、「ある分野においてスペシャリストになれたら、次はまた違う分野でスペシャリストになる」のです。これを繰り返していくうちに、いつの間にか「スペシャリストでありながら、一般教養も抜群にできる人」が育ちます。

どの分野でスペシャリストになるかは、完全に個人の興味です。時間を忘れて没頭できるくらいのもの・誰に言われなくても一日中やっていられるくらいのものでないと、スペシャリストにはなれません。

 

だから、現在の日本の「広い分野を満遍なく強制しながら教え込む」という方式では絶対にスペシャリストは育ちません。

自分の強みになる分野を持たせないままひたすら「先生の話は真面目に聞きなさい!」という教育をやっている限り、自分で自分の食い扶持をつないでいけるような教養と専門性を兼ね備えたスペシャリストは育ちません。

教養のあるスペシャリストになれないからこそ、多くの人は会社に「お金をもらって労働する」という手段を取らざるを得ないのです。そうしないと稼ぎが途絶えますから。

 

ひとつの分野の知識を徹底的に身に付けたら、関連分野にも手を伸ばしたくなる!

もうひとつ、現行の教育制度の害を指摘しておきます。

 

学校の授業時間は、小中高通算で1日平均6時間×年間250日×12年間=18000時間になります。

18000時間。

これだけの時間の間、生徒たちは「黙って先生の話を聞く」「目上の人には絶対に逆らわない」「指示通りに答える」「命令された通りに宿題をやってくる」という奴隷を作る洗脳教育を受け続けているわけです。

18000時間ですから、1日10時間を毎日やっても、5年間。これだけ長い間「従順な奴隷になるための刷り込み」を受け続けるのですから、CIAもWGIPも真っ青です。

 

先生の話や命令や指示をすべてガン無視するか、よほど自由な校風の学校に行くか、学校を辞めて自分で学ぶかしない限り、この呪縛から逃れることはできません。

大多数の日本国民は9~16年間もこのような教育に晒され続けるわけで、どんなに利口な生徒であっても多少は洗脳されてしまいます。たとえ理屈としては「目上とされる人に対しても忌憚なく意見を言うほうが良い」とわかっていても、それを実行するには相当な心理的ハードルを乗り越えなくてはなりません。私からすれば「そもそも目上って何なの? 人間って平等ってどこかで聞いたけど、目上目下で格を付けて無条件に命令に従えって、軍隊か奴隷制かどっちかなの?」という感じです。

 

ともかく、18000時間という膨大な時間が洗脳と強制に使われている、といえます。

 

では、もしこの18000時間をすべて「自分の興味が湧いた分野をひたすら極め続ける」ことに費やすことができたとしたら、どうなるでしょうか?

 

だいたい、ある分野で一流になるために必要とされる時間は「10000時間」です。一万時間の法則というやつです。人によってor分野によっては多少異なるでしょうが、とにかく「めちゃくちゃやり込む」とこのくらいの時間になるそうです。

18000時間ということは、この「一万時間の法則」が2回もできるわけです。授業時間だけで18000時間ですから、授業時間以外の「始業前、放課後、家に帰ってから」も合わせれば、高校卒業までの12年間で「自分の好きなことをひたすらやる時間」は、ざっと40000時間はあります。

 

強制方式の授業をやめるだけで、一万時間の法則が4回も使えてしまうのです。

四つの分野でスペシャリストになれれば、それはもう自分でお金を稼ぐだけの能力は十分でしょう。

たとえば、「野球」「バスケ」「哲学」「生物学」に詳しい人材や、「法律」「歴史」「鉄道」「プログラミング」に詳しい人材が育つかもしれません。

現行の教育で育つのがせいぜい「野球バカ」な人、「歴史オタク」な人、「コンピュータにだけ詳しい」タイプの人(つまり、一つの分野のみに特化した人)であるのに比べると雲泥の差です。

 

もっと言えば、「好きなことに全力で打ち込む」と、知識の幅・興味の範囲がどんどん広くなっていきます。「○○ばかりやっていると視野が狭くなる」というのが常識ですが、本当に全力で打ち込んだ場合は違います。

ある分野を極めるために、隣接・関連した他の分野にも手を伸ばしたくなるからです。

たとえば、「心と脳をすべて解明したい」という人は、哲学・心理学・脳科学・言語学・医学・認知科学といった数多くの分野を学ぶ必要があります。そのうち、「人間の心はどういう捉え方をされてきたのだろう」と文学に手を出すかもしれませんし、「人間の心の暴走はどうすれば止められるだろう」と栄養学やNLPなどに手を出すかもしれません。

「好きな分野だけやりまくる」ということは、実は「好きな分野に隣接する分野もやりまくる」ということでもあるのです。そして、その隣接した分野に近い分野にまた手を出し……というように、どんどん興味の範囲は広がっていきます。

もちろんこれは、「教養を付けなさい!!」と命令されて幅広い分野に取り組むのとはまったく違います。強制されている場合は学習効率がガクンと落ちますし、楽しくないので続きません。「大人の教養として○○は常識」みたいに言われますが、本当は好きなことだけを小さいころからやっていれば、勝手に一般教養の大部分が習得できるのです。

 

高校卒業のころには、「やりたい勉強を存分にやった人」と「必要だから勉強してきた人・強制されてきた人」との差はかなりついていると予想されます。

「自分の好きなことに全力で打ち込む」を12年間繰り返してきた人と、学校というシステムのなかで強制された勉強と申し訳程度の部活動をやって来た人とでは、知識の総量もまるで勝負にならないでしょう。

 

あらゆる点において、「自分の好きなことを勉強し続ける」ほうが、明らかに「学校や受験というシステムのなかで嫌々勉強し続ける」よりもすぐれている・・・と結論できそうです。

 

まとめ

自分で主体的に学習することを続けてきた人は、おそらく学習に対してプラスのイメージを持つはずです。こういう人は一生楽しく勉強し続けていくことでしょう。

逆に、「勉強はやらされるもの」というマイナス意識のある人々は、外部による強制がなくなれば勉強しなくなります。脳がボケるのも早そうですね。

 

現行の日本の教育制度は、どこからどうみてもおかしいのです。明らかに。それなのに、根本的な議論がされていない。

そもそも、「勉強=楽しい」というのが本当のはずです。人間には「知的好奇心を満足させる快感」が(おそらく先天的に)備わっています。やらされなくたって勉強するというのが本来のはずです。いまの日本では、わざわざ「教育」によって若者のやる気の芽を摘んでいるとしか思えません。

 

私は「自由化すればすべてが解決する」と思っているわけではありません。自由化したら自由化したでまた新たな問題が持ち上がることでしょう。文句を言われない教育というのはありませんから。ただ、その問題の深刻さは現行の教育よりも幾分マシになると思います。

 

教育がダメな国の地力はどんどん減退していきます。

そこに住んでいる人々が「アホ」だらけだと、社会のあらゆる面が破綻に向かいます。

権力者の側からすれば国民はバカな方が文句も言われずに搾取できて都合が良いのですが、

それを許してしまうと国全体のシステムが腐敗して機能不全に陥る公算が大きいでしょう。

 

「教育問題については誰でも評論家になれる」と言いますから、これからは、私もそれに乗っかって教育についていろいろ意見を言っていこうと思っています。

以上、栗栖鳥太郎(@Kuritoritarou)がお送りしました。

 - コミュ障・ぼっち・非リア, 大学生活, 教育, 脱洗脳, 頭がいい人の特徴