バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について自分が考えたこと その1

広告




目次

バッティングにもピッチングにも。「三関節直列」と「トリプルエクステンション」について その1

「三関節直列」と「トリプルエクステンション」を知ると、動作の理解がぐっと楽になる

「三関節直列」とはそもそも何だ?

まず、三関節とは「股関節・膝関節・足関節」のこと。

ですから、三関節直列とは

「足にある3つの関節が一直線上に並ぶこと」

と考えてくだされば大丈夫です。

 

まずはピッチャーの例から。

上から順に、股関節・膝関節・足関節です。

お次はバッターの例を。

 

三関節直列かどうか判断するときの注意点は以下の二つ。

1.股関節・膝関節・足関節が「パワーポジション」に入っていること。要するに、「軽くジャンプして着地」を繰り返したくらいの関節角度になっていること。特に、股関節が骨盤となす角度(大腿骨と骨盤とのなす角度)と、膝関節の角度が重要。股関節が外旋しすぎず内旋しすぎずの適度なポジションに収まっていること。膝関節は曲がりすぎずまっすぐ過ぎずの角度になっていること。その人にとって「地面反力をもらいやすい形」「各関節が力を発揮しやすい形」という二つを兼ね備えた形。

2.膝の向き、つま先の向きが揃っていること(膝関節は蝶番関節で、足関節はらせん関節なので、膝の向きとつま先の向きとが不一致な場合がままある)

3.一見して一直線上にない場合でも、違うアングルからみると一直線上に並んでいることがよくある(図参照)

 

「三関節直列」のだいたいのイメージを掴んでいただけたでしょうか。

 

 

三関節直列は、バッティングでもピッチングでも「二度」出現する

基本的に、三関節が直列するフェーズというのは、バッティングで二度、ピッチングで二度あります。

 

・ピッチング:いつ三関節直列が現れるか?

1.打者方向へと並進運動をしていく際の、軸足

 

2.着地してからの、踏み込み足

 

ピッチングにおいて、三関節直列は二度現れます。

 

・バッティング:いつ三関節直列が現れるか?

1.投手方向へと並進運動をしていく際の、軸足

 

2.着地してからの、踏み込み足

バッティングでも、二度現れます。

 

お気づきと思いますが、ピッチングでもバッティングでも、三関節直列はまったく同じフェーズで現れています。

1.踏み込みの方向へと並進運動をしていく際の、軸足

2.着地してからの、踏み込み足

これはなぜでしょうか?

 

理由は単純です。

・バッティングもピッチングも、「並進運動から、回転運動にチェンジする」という本質は一緒である

並進運動をスムーズに行う(打者方向・投手方向へと身体重心をスムーズに運んでいく)ためには、三関節直列という形が適している。なぜなら、後述するように、三関節直列は「3つの関節が発揮する筋力を有効活用できる最高の形」「地面からの反力をもっとも楽にもらえる形」だから。

並進運動を回転運動に転化するには、「並進運動している身体重心に、踏み込みによる地面反力をぶつけて、回転を起こさせる」ことが必要で、三関節直列はその地面反力を最も受け取りやすい形だから。図参照。青色の矢印=地面反力が骨盤を回転させる。

 

 

良いバッター・良いピッチャーであればほぼ間違いなくこの形=三関節直列がきれいに出ています。

歴代の好打者・好投手たちのフォームを見てみましょう。

名だたる名選手のフォームを動画で見てみると、どの選手も

1.踏み込みの方向へと並進運動をしていく際の、軸足

2.着地してからの、踏み込み足

が、三関節直列を形成していることがわかりますね。

 

これがアマチュアの選手になってくると、たとえば軸足の膝が内側に折れすぎてしまっていたり、逆に外側に割れすぎてしまったり、踏み込み足の膝が外に割れてしまったり、内側に入りすぎたりしてしまうことがよくあります。

好評発売中です!

ホームラン量産マニュアル日本の若者は常識洗脳されている音読でバカが天才になる

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク