バッティング・ピッチングの重心移動は、①上下左右に蛇行しないこと ②不要なブレーキをかけないこと が重要だ 後編

広告




目次

バッティング・ピッチングの重心移動は、①上下左右に蛇行しないこと ②不要なブレーキをかけないこと が重要だ 後編

「並進運動と回転運動の中心は、身体重心である」という事実は動かせない!

前回のおさらい

簡単に前回のおさらいを。

重心移動で気を付けること①:

「足を上げきったあとの並進運動のときに、身体重心が上下左右にブレすぎる」と、エネルギーロスが大きい。だから、ピッチングでもバッティングでも、足を上げてからの重心移動はなるべく直線的になるようにするべきだ

 

また、補足として

・「軸足は<下肢三関節直列&下肢三関節の適切な屈曲度合いを保ったまま伸展力を発揮>し、ピッチャー側orホーム側に向かって身体重心を押し出していく」

・「踏み込み足も<下肢三関節直列&下肢三関節の適切な屈曲度合いを保ったまま伸展力を発揮>することによって、軸足によって押し出されてきた身体重心を、ピッチングの場合ブロッキングする / バッティングの場合回転させる」

・「ピッチングで球速を求める場合は、<踏み込み足によって伝達される地面反力が、身体重心の移動する線となるべく重なるように>身体重心を移動させてやる必要がある。バッティングではむしろ身体重心と地面反力との間の距離を適度にとったほうがよい」

このあたりも押さえておきましょう。

もう少ししつこく説明すると、バッティングとピッチングの大きな違いは…

下半身の筋力がどれくらい重要か? → ピッチングでは本当に重要だが、バッティングでは最悪それほど無くても良い。打者と投手の体型の違いを考えるとわかりやすい。投手は下半身がガッチリしているが、打者は上半身に比べて下半身はそれほど太くないことが多々ある

・回転運動が起きる瞬間の、身体重心と地面反力の距離。つまりモーメントアームの長さ。ピッチングではモーメントアームが短い。短いと回転運動には大きな力が必要だが、力さえあれば高速で回転運動を起こせる。それに対して、バッティングではモーメントアームが長い。長いと回転運動は小さな力で起こせるが回転運動の速度自体は鈍くなる。ただしバッティングではバットという棒を手の先に持つため、身体の回転速度はそれほど速くなくても、バットという道具をうまく加速させれば良い。

「移動してきた身体をブロッキングすることによって、上半身+腕が慣性の法則&末端加速の原理にしたがって打者方向へと投げ出される」ことがあるかないか。ピッチングでは上半身が打者方向へ大きく倒れる(特にジャベリン型と言われるフォームではそれが顕著)が、バッティングでは上半身はその場で回転するだけ。

このあたりにあります。

 

正確に言うと私の単なる持論なのですが、たぶん大筋は間違ってないはずです。

 

さて、今回の記事では「重心移動に対して不要なブレーキをかけてしまっているケース」について説明します。

 

②重心移動に対して、不要なブレーキをかけてしまっているケース

「重心移動に対して、不要なブレーキをかけてしまっているケース」は、2つあります。

Aは正常というか合理的で、BとCは不合理なものです。

 

A:身体重心が適正に移動しているケース

B:身体重心が先行しすぎているケース

C:身体重心が後ろに残りすぎているケース

 

このA-Cはピッチングでもバッティングでもおおむね共通です。

 

A:身体重心が適正に移動しているケース

まずは、正常というか適正なケースを。

ここでいう「適正」とは、「軸足によって獲得される地面反力を使って、身体重心をスムーズにピッチャー側orホーム側へと押し出していける」状態のことを指します。

 

適正かどうかは、

「並進運動を真横から見た時に、骨盤・背骨が過度に傾きすぎていないこと」

「並進運動を真横から見た時に、軸足の三関節直列+屈曲姿勢が崩れていないこと。軸足が早期に外側に割れすぎたり、早期に内側に折れすぎたりしないこと」

「単純に、打撃or投球フォームが印象としてぎっこんばったんしていないかどうか」

あたりが判断基準です。

身体重心が適正に移動している場合を例えると、

「スムーズに発進し、しっかりと加速して(並進運動)から華麗なドリフト(回転運動)を決める車」

のようなものです。無理なく高いパフォーマンスを発揮できます。

 

B:身体重心が先行しすぎているケース

「思うように球速が上がらない…腕も振れない…」

「なんかバッティングのときに強いスイングができない…」

という感覚に悩まされている人は、もしかすると

「身体重心が先行し過ぎている」

のかもしれません。

 

以下の動画を見てみてください。

「身体重心が先行し過ぎ」とは、具体的にはこういうフォームを指します。

身体重心が過度に先行するフォームだと、以下のような症状に悩まされることになるでしょう。

 

・ぎっこんばったんした印象になる(一度身体重心が突っ込んでから引き戻すようなフォーム)

・肘がつぶれる

・外目から見て回転運動がなんだか鈍い

・気持ちよく腕が振れない

・思い切りバットが振れない

・踏み込み足に体重が乗らない・乗っている感じがしない

・踏み込み足がバタバタする

 

このあたりに心当たりのある選手は、「身体重心が先行し過ぎ」の可能性が高いです。

身体重心が先行し過ぎということは、

「急発進しすぎて焦り、あわててブレーキを踏んでかっこわるいドリフトをする車」

のようなものです。

 

身体重心が先行し過ぎると「軸足の三関節直列&屈曲姿勢からの爆発的な伸展力発揮→身体重心のピッチャー側orホーム側への押し出し」が不十分になります。

軸足による身体重心の押し出しが弱い場合、バッティングならまだ取返しがつく(踏み込み足をうまく使えばある程度ごまかせる)のですが、並進運動の速度が重要であるピッチングだとまずカバーしきれません。↑に挙げたような症状に悩まされる可能性が非常に高いです。

 

C:身体重心が後ろに残りすぎているケース

「先行し過ぎ」とは逆に、「身体重心が後ろに残りすぎているケース」もあります。

 

・軸足が早期に内側に折れすぎている

・軸足の内旋が鈍い

・下半身の頑張り感のわりには球速が出ない・打球が飛ばない

・並進運動のときに肩のラインを捻りすぎる(投打共通)

・打ち終わった・投げ終わった後に軸足がその場に残りすぎる

・バットがとっさに出てこない

 

このような兆候があったら要注意。身体重心があまりにも後ろに残りすぎなのかもしれません。

車で例えると、

「そもそもあまり加速しきっておらず、そのせいでドリフトの回転も鈍くなる車」

のようなものです。

 

そもそも①と②を解決するためには、「身体重心を感知するためのトレーニング」に加え、「下肢を使って身体重心を的確にコントロールするための訓練」が必要だ

とりあえず、先日の記事では

①「並進運動の際、身体重心を上下左右に蛇行させてはならない。なるべく直線的に移動させるべきである」

と書きました。

 

また、今回の記事では②「身体重心の移動に勝手にブレーキをかけてしまう」例として、

A:身体重心が適正に移動しているケース

B:身体重心が先行しすぎているケース:急発進しすぎてあわててブレーキを踏む

C:身体重心が後ろに残りすぎているケース:最初からブレーキを踏んでいる

を見てきました。

 

しかしそもそもこの①と②を改善するには、

「自分の身体重心がどこにあるかを的確に感じ取る能力」

が前提として必要です。

 

「専用のソフトや測定機材を使う」という手もあるのですが、なんせ高い。

 

しかし、そもそも身体重心は自分で感じ取ることもできるものです。

小さいころから運動が得意な人であれば最低限の重心感知はできるはずですが、

重心感知能力というのは後天的に身に付けることも可能です。

 

当ブログでは過去にこちらの記事で紹介していますが、

たとえば四股や倒立、逆上がりや前転後転側転や手を挙げて行うランジなどは重心を感知する能力を鍛えるのにもってこいの種目です。これらの種目は身体への負担も少ないので、毎日飽きるまでやりまくれば良いのです。

 

あるいは、そうやって重心を感知する能力を高めたうえで、

「地面反力と身体重心とをうまく絡ませる?練習」

を取り入れることも必要です。

 

この5つは、バッティングでも同様です。

毎日ひたすら継続することで着実に効果が出ます。

 

バッティングでもピッチングでも、

「やり方さえ知っていれば誰でもすぐにここまでは上がるよ、というライン」

と、

「地道に継続した努力をもってして初めて越えられるライン」

があると私は考えています。

 

結局は、「やり方を踏まえたうえで毎日やる人が勝つ」のです。

ダルビッシュ有投手も言っていましたね。

「間違った努力は平気でうそを付く」

と。

 

まずは間違っていない方向性の努力を継続しましょう。

すべてはそこからです。

 

好評発売中です!

ホームラン量産マニュアル日本の若者は常識洗脳されている音読でバカが天才になる

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク