球速アップしたい投手向け:「下半身・グラブ側の手・ボール側の手」の基本的な使い方について その1

広告




目次

球速アップしたい投手向け:下半身・グラブ側の手・ボール側の手の基本的な使い方について その1

 シンプルに、シンプルに、シンプルに考える。徹底的に分析したうえで、あえてシンプルな原則だけに絞る

投手の基本的な下半身の使い方:軸足をパワーポジション(下肢三関節の直列と適度な屈曲)に入れて身体重心を運ぶ→軸足の伸展力発揮で身体重心を捕手側に加速させる。身体重心が踏み込み足の上に向けて移動するように。→踏み込み足の伸展力でブロッキング(ジャベリン型と日本型とがある)。→上半身と腕が急加速する。これはどんな投手でも共通。実際に画像と映像で確認してみよう!

まずは、

「現代野球の優れた投手(=ケガ少なく、速球を安定して投げられる投手)に共通して見られる下半身の使い方」

を紹介します。

 

・軸足をパワーポジション(=下肢三関節の直列と適度な屈曲状態。個々人で最適解が異なる)に入れて、身体重心を運ぶ。並進運動。

・軸足の伸展力発揮で身体重心を捕手側に加速させる。並進運動の速度を稼ぐ。身体重心が踏み込み足の上に向けて移動するように押し出す。身体重心が上下左右に蛇行したり、自分で勝手にブレーキをかけないように注

(→過去記事:「バッティング・ピッチングの重心移動は、①上下左右に蛇行しないこと ②不要なブレーキをかけないこと が重要だ 前編」「バッティング・ピッチングの重心移動は、①上下左右に蛇行しないこと ②不要なブレーキをかけないこと が重要だ 後編」)

・押し出されてきた身体を、踏み込み足の伸展力で一気にブロッキングする(急減速させる)。ブロックの仕方にはジャベリン型と日本型とがある。ジャベリン型は左股関節が回転の中心になり、日本型は骨盤中央が回転の中心になる

・下半身の急減速によって、慣性の法則と末端加速の原理に従い上半身と腕が急加速する

 

以下、わかりやすく動画と画像付きで流れを追っていきましょう。

 

フェーズ1:軸足をパワーポジション(=下肢三関節の直列と適度な屈曲状態。個々人で最適解が異なる)に入れて、身体重心を運ぶ。並進運動。

日本の投手は、

「踏み込み足を上げるときに軸足を一度ピンと伸ばす」

人が多いですが…

もちろん、軸足がこんなにまっすぐな状態なままステップして投げることはできませんね。

必ず、そこから軸足を適切な角度に曲げます。

このように、

「自分にとって一番体重を支えやすいような形まで、軸足を曲げる」

という動作が入ります。

 

MLBの投手だと、

「足を上げた時に軸足をある程度折ってしまう」

という方法を採用する投手も多いです。

 

別に日本人だからできない・欧米人だからできるという話ではなく、

「どういうタイミングで並進運動を開始するか?

=並進運動を早めに開始するなら軸足を早めに折る必要があるし、足をしっかり上げきってから並進運動に入るのなら軸足ははじめは折らず伸ばしておくほうがリズムが合う」

という事情が絡んでいるのだと思います。

 

基本的にメジャーリーグの投手は軸足をさっさと折って早めに並進運動を開始している印象があります。

 

ただ、日本型とメジャー型、どちらのタイプにも共通しているのは

 

軸足をパワーポジション(=下肢三関節の直列と適度な屈曲状態。個々人で最適解が異なる)に入れて、身体重心を運ぶ。並進運動。

 

ということです。

当たり前といえば当たり前ですが、そうしないと下半身の力・地面から反ってくる力が使えません。

 

力というのは定義上「質量のある物体を加速させるはたらき」のことですから、

ざっくりいえば、下半身の力・地面から反ってくる力が大きければ大きいほど、質量のある物体である人体が加速される度合いも大きくなり、球速も上がる…というわけです。

軸足をパワーポジションに入れたまま、身体重心をホーム側へと押し出していく。

もちろん、適切な時期が来るまでは、軸足がパワーポジションから外れてはいけません。

そして、「適切な時期=軸足が伸展力を発揮し終える時期」まで、身体重心を、先行し過ぎず残りすぎずの位置にキープしながら運んでいくこと。

 

これができると、「流れるような美しいフォーム」になります。

 

 

補足:軸足をどの程度曲げるか?→いわゆるパワーポジション、アスレチックポジションに近い形になるはず

先ほど「軸足のパワーポジション」という言葉を使いましたが、

そもそも「パワーポジション」とは何でしょうか?

 

とりあえず、パワーポジションというのは

「もっとも強い力を出せる姿勢のこと」

という理解でいいでしょう。

ということは、軸足のパワーポジションとは

「もっとも強い力を出せる軸足の形のこと」

です。

 

そのためには、以下の2つの条件を満たしておく必要があります。

1.<下半身の筋肉が「伸展の力」や「内転の力」を一番発揮しやすい>ような、下肢三関節(股関節・膝関節・足関節)の関節角度が用意されていること

2.地面からの力を効率よく骨で受け止められるような形であること → 下肢三関節(股関節・膝関節・足関節)の向きが揃っていて、かつ、下肢三関節が一直線上に近い形で並んでいること

 

つまり、筋肉の力(内力)と地面反力(外力)をうまく使えればよいのです。

それが「軸足のパワーポジション」です。

 

(もちろん、

「軸足をパワーポジションに入れるには、軸足以外のパーツをうまく配置することも重要である」

とも言えます! つまり、「身体全体の重心をどこに置いておくかを直感的に調整できるようになるといいね」ということです。身体重心と軸足との位置関係いかんによって、軸足がパワーポジションに入れやすくなったり入れにくくなったりします。グラブ側の腕の使い方や並進運動の開始タイミング・軸足へどの程度体重をかけるか…などを本能的に判断できるようになるためにも、身体重心感知のためのトレーニングは重要です)

 

簡単なところでは、

・盗塁のリード時の形

・内野手が打者のインパクトに合わせて一瞬跳ねるスプリットステップの直後に現れる形

・垂直跳びの最下点近くの形

・軽く跳ねて着地したときの形

これらはみな、「パワーポジション」とほぼ同義です。

 

 

ピッチングでもやはり地面からの力(外力)と下半身の力(内力)は最大限利用する必要がありますので、軸足をパワーポジションに入れておくことはとても重要だと想像がつきますね。

「両方の足をうまくパワーポジションに入れてフル出力できているか」?

これだけで球速にして10-20km/hくらいは違ってくると思います。原理的に、内力と外力の活用度合いがまるで違ってくるわけですから。

 

なお、細かい注意点としては以下の通り。

・軸足の最適な折りぐあいは人によって違いがある。思いっきり沈み込む人もいれば、重心を高く保ったまま投げる人もいる。個人差があるので、個々人で最適解を見つけることが必要

・両足ではなく軸足単独のパワーポジションをつかむには、多少コツが要る。片足スクワットなどで要領をつかむ

・ただ単にパワーポジションに入れるだけでなく、実際にその状態から伸展力を発揮する必要がある。ただパワーポジションの形を作るだけでは意味がない

・「軸足をパワーポジションに入れて、伸展力を発揮して身体重心を押し出す」という動き自体をトレーニングしておく必要もある。サイドステップやラテラルボックスランジやメディシンスクワットなど(→中垣征一郎さん著「野球における体力トレーニングの基礎理論」という書籍にメニュー紹介されています)

・そもそも軸足の筋力不足(筋量不足)の人も多い

 

フェーズ1については以上です。

 


とりあえず本日はここまで。

明日以降は、フェーズ2以降を説明していきます。

 

また明日お会いしましょう。

好評発売中です!

ホームラン量産マニュアル日本の若者は常識洗脳されている音読でバカが天才になる

広告

スポンサーリンク
スポンサーリンク