「練習では打てるのに試合では…」という選手・チームのための打撃練習メニュー

   

「練習では打てるのに試合では…」という選手・チームのための打撃練習メニュー

 フローチャートをきっちり理解しておくことは非常に重要です

 「強打者」への道のり

「練習でも打てない、試合でも打てない」

というレベルの打者が、「強打者」へと進化するためには、どのような道のりが考えられるでしょうか。

 

一つの案として、以下のようなルートを想定してみました。

 

★まだ「練習でも打てない、試合でも打てない」というレベルの打者がどう進化していくか?★

まず飛距離を出す。強く振る。振れないと始まらないし、アベレージヒッターにしても飛ばす力は絶対に必要(MLBに本塁打を打てない打者は存在しない)なので、とにかく「フルスイングして遠くに飛ばす」ことから始める。まずはホームランから始めよう、という記事を書いたのはこの意味。第一、最低でも柵越えできるくらいは飛ばせないとバッティングが面白くない。

たまに「これだ!」という当たりがちらほら出始める。飛距離が出るときの打球角度は案外高いということを知る。

慣れてくると、その飛距離が安定してくる。コンスタントに飛ばせるようになる。

練習で大きい当たりを連続して打てるようになる。試合でも「けっこう打てるけど、まだ粗い」になる

……ここまでは、置きロングティー・カチ上げティー・正面ティー・トレーニング(筋力・筋量・パワー・身体操作系)などを継続すれば誰でもわりと簡単に行ける

 

——–ここに壁がある。「練習ではバンバン打てるのに、試合になるとそれほど打てない」人の壁——-

 

各コース・各球種への対応をパターン化して自動化する。バリエーション(角度・緩急・高低・MIX)を付けた正面ティーや各コース別の置きティー(ストライクゾーンを分割しコースギリギリに設定)や各コース用の対応ドリルを徹底的に行う

→試合で実戦の投手との真剣勝負の経験値を積む。真剣勝負しながら、足りないものを修正し続けていく

 

—–層の厚いチームの場合はここで「修正が間に合うまで試合に出場させ続けてくれるかどうか」という壁がある—-

 

修正を繰り返す。「肩が入りすぎるクセの修正」「タイミングの取り方の検討」「バットが身体から離れるクセの修正」などを修正する。これによって、これまで失っていた0.0数秒の遅れ・数ミリ数センチのズレを確保する

→0.0数秒の遅れ・数ミリ数センチのブレが消えることによって、試合でもコンスタントに長打・単打を打てるようになる。長打率も出塁率も上がり、相手チームから「恐ろしい打者」として認識されるようになる。フィジカルのレベルが上がることによって0.0数秒の遅れが解消されて打てるようになることもある

 

→さらにスケールアップしていく。「置きティーで全コースホームラン」「右打者なら右中間、左打者なら左中間に放り込む」「置きティー飛距離130mを目指す」「BIG3の合計が600を超えるまでやる」「50mダッシュ6’00を切る」など。

★このルートは、基本的にはチーム単位でも同じ。

(一応、上のルート以外にも、

「もともとバットにボールをあてるのは上手く、試合でもそこそこ単打を打てていたタイプの打者が、フルスイングとフィジカル強化で手がつけられない打者になる」

というルートもあると思うのですが、こちらはそもそも単純すぎる&たいていの選手はこれに当てはまらないので今回の記事では触れません)

 

このブログを読んでくださっている方であれば、「飛距離を伸ばす方法」や「ホームランを打つための具体的な練習メニュー」などはすでにだいたいおわかりかと思います(過去記事を参照)ので、

 

今回は

「練習ではバンバン打てるのに、試合になるとそれほど打てない」人の壁を破る

ためには何をすればいいのか、という話をしましょう。

 

 仕上げの作業まできっちりとやろう

とりあえず前提として、

「練習ではバンバン打てる」→置きロングティーやフリー打撃・マシン打撃などでの飛距離は出るようになった

とします。

 

こういう選手が次に何をすればいいかというと、

1.各コース・各球種への対応をパターン化して自動化する

2.試合に出ながら修正を繰り返す。これまで失っていた0.0数秒の遅れ・数ミリ数センチのズレを修正する

3.実戦経験を積む。レベルの高くない投手からは打って当たり前で、ハイレベルな投手からもコンスタントに打てるようになること

この「1→2→3」です。

 

つまり、「練習では打てるようになった」→「じゃあ、試合でも打てるように演習をしようね」ということです。

余裕がない場合は「1・2・3」を並行して行うことも考えられますが、基本的には1→2→3となります。

 

「練習では打てるのに…」という人は、だいたい1か2をやっていないケースが大半です。経験上からも、理屈から言ってもそうです。どこのチームにも「練習ではすごいけど…」という選手は一人くらいいるはず。現時点ですでに「飛ばせる能力」があるのに、「試合でも打てるように準備を詰めて行わない」というのは非常に勿体ないです。俗にいう「フリー打撃の帝王」で終わらないためにも、「実戦でも打てるためのメニューを継続する」ということは不可欠でしょう。

 

今回の記事では、

1.各コース・各球種への対応をパターン化して自動化する

この具体的な方法を紹介します。「2.2.試合に出ながら修正を繰り返す。これまで失っていた0.0数秒の遅れ・数ミリ数センチのズレを修正する」については、明日以降「MLB打者に共通して見られる打ち方のポイント」として更新する予定です。

 

1.各コース・各球種への対応をパターン化して自動化する

具体的な練習メニューとしては次のようになります。

 

・置きティー:各コース行う。低め一杯や外一杯にも設定して行う。「インコースは基本的にはボトムハンドの肘を抜く⇔アウトコースは追いかけず、バットが伸びていくのを気長に待つ」「低めは、拾うなら膝を曲げる⇔飛ばすなら前膝をあまり曲げずに右半身(右打者の場合)をねじ込む」「インハイ・アウトローに対する対処法」など、各コース・高低に対する反応を自動化する。

・正面ティー:ピュッと投げてきたボールを8割の力でシンプルに素直に打ち返す反復練習。普通に来たボールをシンプルに打つ基本練習…なのだが、バリエーションとして投げる角度を変えたり、抜き球や高めの球を混ぜることで、入ってくる変化球に反応する訓練・抜き球を拾う訓練・高めの速球を反射的に叩くといった実戦的な訓練にもなる

・置きロングティー:スイングが弱くなったらこれで戻す。強く振ることを身体に覚えさせる。また、「各コースをできるだけ飛ばす」という訓練にもなる

・マシン打撃:「試合以上に速い球に目を慣らしておくことで、試合の投手の球の体感速度を下げておく」「試合で投げてくるレベルの速球や高速変化球の軌道を目に焼き付ける」くらいに使う。バントなどがメインで、打つにしても少数にとどめておく

 

基本的には

「パターン化して反復して潰す」

「計画的に数をこなすことを継続する」

「自分の得意なポイントは確実に仕留められるようにキープしつつ、試合で結果を出す妨げになっている自分の弱点を中心に潰す」

「試合で無意識に反応が出るレベルまで自動化する」

という方針でやっていくことになります。

 

「弱点を潰すべきか否か」についてはいろいろな意見があるのですが、私は「潰すことによって得意なポイントに悪影響が出ないのであれば、潰していくべきだ」と思います。全部のコースを100パーセント打てるようになれとは言いませんが、全コースに対して最低限の対処はできるようにしておくべきでしょう。

 

もちろん、正面ティーを多めにやったほうが良い人や置きロングティーをやったほうが良い人もいますし、同一の選手であっても「置きロングティーをやってスイングの力を戻したほうが良い日」や「マシン打撃でひたすら速球への目慣らしをしたほうが良い日」などもあります。ケースバイケースで、絶えず修正を続けていきます。

 

チーム単位でこのような取り組みを、意図をはっきりさせた上で徹底するという手もあると思うのですが、どうでしょう?

アベレージでも長距離タイプでもまずフルスイングで飛ばせるようにして、フィジカルも同時に強化して、最後の仕上げとして今回の記事に書いたような「試合でも打てる」ための方策を実行する。どれを重点的にやるかという判断は選手が自分でする&必要に応じて指導者が助言する、という形で。

ただ闇雲に連ティーや走り込みや素振りをやり込むよりは、ただ延々とフリー打撃や実戦練習を行うよりは、こういうやり方のほうがよほど打力の向上が見込めそうだなーと私は思いますが、どうでしょうか。

 

「ウチのチームってずっとフリーバッティング(あるいは連ティーや数をこなすタイプの素振りなどなんでも可)やってますけど、本当に最善の選択なんですか? フリーバッティングって一度に2-3人しか打てなくて守備側も一分に1-3球くらいしか来ないのに、いったい何のためにやっているんですか? ほかの練習のほうがいいんじゃないんですか? フリーバッティング以外の選択肢を知らないんですか?」

と腹の底で思っている選手がいるかもしれません。

 

私自身も、

この練習はこういう目的があってやっている、という答弁がきちんとできないような練習をさせられることによる潜在的な損失はどれくらいかな…?

と考えてしまいます。潜在的損失というのは、意識できないからこそ「潜在的」なのです。本当は、違う練習をすればもっと打力が付いていたかもしれません。

 

どんな練習をするにしろ多少は「ああしておけばよかったかな…」というポイントが出るものですが、

「いや、少なくともあの時点では理屈から言ってあの練習をしておくべきだったのだ」

と肯定的に振り返ることができるのと、

「なんであんな意味不明な練習に時間を費やしていたのだろう・・・」

と後悔するのとでは雲泥の差です。

 

どうせ後悔するのなら、マシな後悔をしましょう。

「理屈からいって最善を尽くした。それで結果が出なかったのなら、人事の及ぶところではなかったのだ」

という後悔を。

 

では、また明日!

「ホームラン量産マニュアル」、Amazonにて販売中です!

ホームラン量産マニュアル

 - ドリル・練習メニュー, バッティング, 野球, 野球アイディア