左打者と右打者とでは向いている練習法も違うかも?

   

左打者と右打者とでは向いている練習法も違うかも?

半分理論・半分経験談です

前回記事の復習

前回記事「左打者と右打者のスイング軌道の違い」では、内臓の配置やらなにやらに由来するクセによって

 

左打者:「バットのヘッドを背中の真後ろにいったんクイッと落とすようにして振り出す」

右打者:「肩のラインを投手側から見て斜めに傾けた状態から、身体の回転ごとカチ上げて、右半身を入れ込んで打つ」

 

のだ、と書きました。Craig Hyatt(氏?)のタイムラインを追ってみるとわかりますが、

現代のメジャーリーグの打者はほとんどがそういうスイングをしています。

左打者の「クイッと一度落とす」はわかりづらいと思うので、気になる方はyoutubeで「Strobe Motion」で検索をかけてみましょう。

右打者と左打者のスイングの違いが比較的わかりやすく示されています。左打者の振り出し方には特徴があることがわかると思います。具体的に言うと、「振り出しの時に、一瞬だけバットを寝かせる・ヘッドを遠回りさせるようにする」のです。右打者はそれに比べると直線的に振り出します。

 

つまり、左打者と右打者とで理想的なバットの軌道そのものが微妙に違うのです。

ということは、もちろん打撃練習も打撃の左右差に応じてカスタマイズする必要がある…というのが私の考えです。

 

今回の記事では「経験上&理屈上、左打者・右打者はこういう練習を重点的にやると上手くいきやすい」という考えについて少しお話しします。

 

右打者が重視すべき練習

右打者は

「肩のラインを投手側から見て斜めに傾けた状態から、身体の回転ごとカチ上げて、右半身を入れ込んだ状態で打つ」

のでした。

特に、メジャーリーグで主流の「ボトムハンドの脇を空けてトップハンドで押し込む」打ち方を採用する選手は、「いかに右半身を入れ切るか?」が生命線になります。「ボトムハンドの脇を締めてヘッドを走らせて打つタイプ」であっても、「右半身がきちんと入り切っているかどうか?」は、球速のあるストレートをポップフライにせず痛烈に弾き返すために重要です。

わかりやすい例

Sound on! Player or coach?? Who’s louder???

A post shared by Stance Doctor- Steve (@stancedoctor) on

「右半身を入れ込む」とは、「タイヤを思い切りたたいても衝撃が手に返ってこないような打ち方」のことです。右半身を固めておく、というイメージでしょうか。衝撃に耐える力が強い、という感じです。

 

…というわけで、右打者は「右半身を入れ込んだ状態でインパクトを迎えること」が生命線なのですから、そこを重点的に練習する必要があります。

 

1.トップハンド一本でのタイヤ打ち

2.フリスビー投げ

3.百均版カウンタースイングを「背中真後ろ」に落とす

4.コース別打ち分け(3ティー)

 

1,2,4は「右半身の入れ込み」のためのメニュー。

 

3のみやや毛色が異なります。

右打者は「特有のスイング軌道」の関係上、

百均版カウンタースイング(おもちゃの刀。ダイソーなら<武士の刀>)を、「背中の真後ろ」に落とすと良いはずです。

ちょっと言葉で説明しきれないのですが、

「右打者はスイングプレーン的に、おもちゃの刀の鞘が、<背中の真後ろ>あたりに落ちるのが自然ではないか?

と私は考えています。

 

逆に、左打者は「背中の後ろ・やや軸足寄りのところ」に落とすと良いと考えています。

これもやはり、左打者特有のスイング軌道によるものでしょう。

某○○○大野球部の左打者陣も、皆「なんか左打者は背中のちょい軸足側に落ちるほうが感触良くね?」と言っていました。

左打者と右打者とでスイング軌道に違いがあるのなら、カウンタースイングの方法にも多少の違いが出て当然だと思うのですが、いかがでしょうか?

 

 

左打者が重視すべき練習

1.正対打ち

2.正面ティー(左投手対策用に角度を付ける)

動画はどちらも右打者ですが、私は「正対打ち」と「角度を付けた正面ティー」は左打者が陥りがちな弱点を補強するのに大いに役立つと考えています。

 

左打者が陥りがちな弱点とは、

「バットのヘッドを背中の真後ろにいったんクイッと落とすようにして振り出す」

の逆ですから、

「上からかぶせるように打ってしまうこと」

です。

 

左打者がこれをやってしまうと、

①打球が全体的によわよわしくなる(引っ張り・流し問わず)

②バットのヘッドが返るのがワンテンポ早くなるので、ハーフスイングは止まらないし左投手にも苦戦するようになる(特にスライダーはかすりもしない)

③引っ張った打球が良い角度・良い回転で上がらない、もうひと伸びがない

という症状が出ます。アマチュアの打者だとかなりの率でこれに罹っていますし、なんならNPBの左打者でもこの症状が出ている人がかなりいます。

 

逆に考えて、バットのヘッドをいったん背中側にクイッと落とすように振り出せれば、

①バットの軌道が投球に対して真っすぐ入りやすくなる(バットがボールの行く先に回り込むような感じのスイングになる)

②バットのヘッドが返るタイミングが一拍遅れるので、ハーフスイングがとられにくく左投手のボールを苦にしにくくなる

③「①」のおかげで、引っ張った打球が良い角度と回転で上がる、グングン伸びる打球になる

と考えられます。

「上からかぶせるように打ってしまうクセ」

の矯正には、①正対打ち ②置きロングティー ③カチ上げティー が特に有効だと思われます。

 

②と③は根本的に「カチ上げないと飛ばない」ためであり、

①は「バットのヘッドを背中の真後ろにいったんクイッと落とすようにして振り出す」感覚を掴む練習になります。

この場合、打球方向は「流し」にしましょう。

身体の回転の向きからして、引っ張ることは難しいですからね。無理に手首を返すことになります。

 

また、かぶせるクセが治ったら、「左投手の角度からの正面ティー」もやってみましょう。

かぶせるようにして打つとなかなか打てないのですが、そのクセさえ消えてしまえば簡単に打てるようになります。

 

両打者共通で重要な練習

左右問わず、以下のメニューは徹底的に継続しましょう。

・置きロングティー

・コース別対応の置きティー

・カチ上げティー

・正面ティー

 

ここらへんのメニューは本当に、

「どれだけの数をこなしてきたか? どれくらいの期間経験値を溜めてきたか?」

がモロに出ると感じています。特に、この4つをコツコツ積み重ねてきた人は、本当の意味で「基礎」がしっかりしている打者になります。

 

…ものすごく根本的な話をすると、「入力に対して反応を返す」のが生物の脳の機能です。

バッティングもそうで、これまでにどれだけのボールに対してどう反応してきたか? という経験値がモノをいうと思います。

その経験値がないと、たとえば試合での「インハイへの速球にとっさに対処する」とか「相手投手の『決めに来た』アウトコースいっぱいのストレートをファールで逃げる」といった、勝負を決しうる岐路において不利なほうへ不利なほうへ…と突っ走ってしまうことになりかねません。反応できるように訓練しておかなければ「負け」なのです。

 

どうせなら良い経験値を手に入れましょう。

今回の記事で紹介してきたメニューはどれも合理性がある程度保障されている(by自然科学の法則・経験則・実績などによって)ものばかりですから、日々のメニューに組み入れることをおすすめします。

 

では、また明日!

「ホームラン量産マニュアル」、Amazonにて販売中です!

ホームラン量産マニュアル

 - ここがおかしい日本球界, ドリル・練習メニュー, バッティング, 動作, 野球, 野球アイディア