自分は内向的な人間だ、と思う人が知っておくべきこと

      2016/08/31

「内向的な人」は少数派、「外向的な人」は多数派であるという事実

image16

・ここでいう「内向的」とは、思考や感情のベクトルが「自分のなか」に向いている、という意味です。自分の考えや自分のペースに高い優先順位を与える人のことを指します。

・個人の気質には、「内向的」という極と、「外向的」という極があり、ある人間は、その端から端までの間のどこかに位置づけられます。極端に内向的な人もいれば、極端に外向的な人もいるし、中間型もいる。ただひとつ言えるのは、内向的な人というのは少数派(3人に1人)であるということ。

・工夫しだいで、内向的な人であっても外向的にふるまうことは可能である。ただし、そのようにふるまうことは、エネルギーの消耗が激しい。

 

外向的か内向的かによって、活力の充電方法がまったく正反対である

内向的な人は自分の内部からエネルギーを汲み上げる

130712introverts_extroverts-thumb-640x360-61055

・自分のなかの感情、理想、信念といったものから充電する必要がある
・人数が多い場所ではエネルギーの充電が困難であるから、一人でゆったりと過ごすことが必要
・現代という時代では、「速さ」が求められ、他人との素早いコミュニケーションが必須である。だから内向型の人にとってはストレスになりやすい環境。外向的な人ばかりの世界への対応適応を迫られて消耗する。

外向的な人は自分の外部からエネルギーを充電する

main@2x(画像は偏見に基づくイメージです)

・週末に人の多い場所に出かけたり、数多くの友人と一緒に過ごす(バーベキューや飲み会)ことによってリフレッシュを図る。
・外向的な人からみれば、内向的な人の休日の過ごし方は「退屈で、刺激の少ないもの」にしか見えない。

内向的でも外向的でも共通すること

・自分の能力を最大限に発揮できる場所がどこなのかを知っておくべきである。内向的な人は人気の多い場所で休息できないし、逆に、外向的な人は独りでいると逆にストレスを感じることになる。

 

内向的な人にとって有益な情報

内向的な人に向いた環境

130504suzu2

・外からの刺激に弱く、すぐに「もう手一杯だよ」というお手上げ状態になる。内向的な人が集中するには、刺激の少ない環境が必要。
刺激の少ない環境とは、「視覚的に刺激が少ない」「動きが少なく、動きが急でない」「うるさくない」「人が少ない」「広くない」環境のこと。内向型の人がラスベガスのカジノ(うるさい、速い、チカチカする、人が多い)みたいなところに行ってしまうと大変な疲労を覚える。

一人だと孤独感 二人だと劣等感 三人だと疎外感

20140802-e1375319842213

・三人に一人は内向型ということは・・・
→一人だと孤独感
二人だと劣等感
三人だと疎外感 というあの有名な表現は、実に的確だといえる。
三人集まれば、ひとりは内向型である可能性が高いのですから。
こういう表現を考え付く、というのは内向型の人間の得意とするところでしょう。

・ついでに、こじつけっぽくもありますが、
「三人寄れば文殊の知恵」という有名なことわざも、「三人いれば一人は内向的な思慮深い人間が混ざっていて、そいつが口を開くと意外といいことを言うものだ」という背景が(もしかしたら)あるのかもしれません。

内向的な人間は作家向き?

images

・外向的な人々が社会の多数派なので、当然、外向的であることが望ましいとされる価値観が根強いです。この場合、左利きが不便な思いをするように、少数派である内向的な人々も不便なことになりやすい。不便や苦痛を強いられると、内向的な人は「自分の中の考え方」を変更することでそれに対処しようとするから、ますます思慮深く、哲学的抽象的な考えを持つようになっていく。内向的な人というのは、表面だけ見ると「なにを考えているのか、いまいちわからない」と思われることが多いが、実のところ、たとえばそのような人々に筆を執らせてみると、「これ、本当にあなたが書いたの?」とビックリされるくらいのものを書き上げることがしばしばある(と思います)。

・内向的な人は、「自分のなかで考えていることを、みんなにも知ってもらいたい」という欲求がかえって強いのかもしれないですね。そういう人は文筆業が向いています。

内向外向でみる、大学生の分類

jsfv

・次のような分類ができるかもしれない。
リア充とは「外向的そのもの」か、「内向型の特徴を活かした上で、外向的な人々の間で上手に振る舞っている」人々
非リア充は、「内向的そのもの」か、「内向的な特徴を持っているが、外向的な人々にはなじめそうにない」人々
キョロ充(注:リア充軍団に入りきれないが、入るチャンスを窺ってリア充の動向をキョロキョロ気にする人たちのこと)は「外向的ではあるが、外向的な人々の間では孤立しがちな」人々

どっちの人間でも、バランスが大事

・外にでることも必要、自分の内部と向き合うのも必要。極端に内向的でも、極端に外向的でも、「自分が何をしたいのかはっきりしない」という状況に陥る可能性が高いです。

 

 まとめ

・この記事を読む気になった人の多くは内向型の人でしょう。かくいう私も典型的な内向的人間です。内向型の人は現代社会では生きづらさを感じるかもしれませんが、外向型の人々の間で活躍することもできますし、内向型の人に向いているものもたくさんあります。小学校の通信簿で「おとなしい」と書かれたからといって、一生干物みたいに過ごす必要はありません。自分の強みと弱みを把握した上で行動できる人間になりましょう。そういう人間こそが、一番強い人間だと、私は思っています。

4a9405124ce75a2e8b490e4a1d0dbe99

 

 - コミュ障・ぼっち・非リア, 大学生活, 有益な情報 , , , , ,