ホーム タグ ドリームキラー

タグ: ドリームキラー

APLICATIONS

体育会系人間が「文武両道」を実践するためのコツ その1

体育会系人間が「文武両道」を実践するためのコツ その1 これまでの「勉強≠スポーツ」は間違い。正しくは「勉強≒スポーツ」だ! 「勉強も頑張りながら、スポーツもがんばる」のではない! 世間一般のイメージでは、「文武両道」というのはこういうイメージだと思います。 互いに相容れない「勉強」も「スポーツ」も、両方がんばる。 文武両道を実践できるのは、一握りの、ものすごいバイタリティのある人 文武両道と聞いてイメージされるのは、受験界でよく言われる「部活生は、引退後に伸びてくる」でしょうか。 あるいは、「東大で野球をやっている」とか、「甲子園に出場した選手が、学校の成績はオール5だった」といったイメージがあると思います。   論理としては、「文武両道の体育会系=勉強もスポーツも両方がんばれる根性のある人間」というものでしょう。   でも、実はこのイメージは誤りです。 本当の文武両道とは、 「勉強」と「スポーツ」が本質的には同一のものであることを見抜いて、 両者に相乗効果を発揮させながら、極限まで一石二鳥を狙いに行く姿勢のこと だと私は考えています。   「勉強とスポーツに相乗効果を発揮させる」のがコツ 前項で述べた通り、本当の文武両道とは、 『「勉強」と「スポーツ」が本質的には同一のものであることを見抜いて、 両者に相乗効果を発揮させながら、極限まで一石二鳥を狙いに行く』 ということです。   この「相乗効果」とはどういうことかというと、以下のようなものを指します。 ・勉強にもスポーツにも良い影響を与える生活スタイルを採用する:十分な睡眠と、十分な栄養を確保する。 ・勉強とは「情報空間で運動すること」、スポーツは「物理空間で運動すること」である――ということを見抜く。その上で、「勉強のときは頭の中で運動」し、「スポーツのときは物理空間で運動」する。両者はともに運動であるという点で共通しているので、勉強→スポーツ→勉強→スポーツという生活スタイルを送れば、一日中運動していることになり、IQが高くなる ・「スポーツ・睡眠・栄養」で体が充実すれば、心も上向きになりやすくなる ・自分の脳に「スポーツと勉強」という二つのことを同時に処理させることによって、脳の情報処理能力が向上する ・勉強すれば、知識が増える。知識が増えれば増えるほど、スポーツでも新しい発想ができるようになる   これらの相乗効果を見ればわかりますが、旧来の日本的な発想、つまり ・勉強とスポーツはまったく別のものである ・「文武両道の体育会系=とても根性がある、バイタリティがすごい」 というのは間違い。 むしろ、 ・勉強とスポーツは本質的には同一のものである ・「文武両道の体育会系=とても要領が良い、成長の速度が段違いで速い」 というのが本当のところです。 脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方posted with ヨメレバジョン J. レイティ,エリック ヘイガーマン NHK出版 2009-03-20 AmazonKindle ...

HOT NEWS