ホーム タグ 論理

タグ: 論理

APLICATIONS

「金融搾取される奴隷」を一人でも減らすために。部活動で「自分たちで資金や物資を調達する経験」をすべきだ!

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、学校の部活動のあり方について私が考えたことを書きます。 日本の部活動制度というのは、私の感覚からいえば「奴隷育成の総本山」です。 ブラック企業の洗脳手法は体育会系の「しごき」と似ていると思いますし、 逆に、体育会系の風土をそのまま移植したような企業も数多く存在します。 「金融搾取される奴隷」を一人でも減らすために。部活動で「自分たちで資金や物資を調達する経験」をすべきだ! マネーリテラシーを一切学ばずに卒業させるという愚行 現状の日本の部活動では「金融搾取される奴隷」を育成している(特に体育会系) 私は小学校から大学まで野球部ですが、ずっと「部活動って色々おかしいことがまかり通りすぎだろ」と感じてきました。 現在の日本の標準的な「部活動制度」は、明らかにいろいろ狂っています。   具体的な例を挙げましょう。 以下のポイントは、特に体育会系の部活動で顕著です。文化系の部活でもある程度はこのような傾向があります。   多くの部活動においては、「人間性を育てる」「協調性を育む」という美名のもとに、 ・長時間タダ働きさせる。教師は雀の涙の部活手当て、生徒は完全にタダ働き ・ブラック企業的な奴隷のメンタリティを植え付ける。「みんなで頑張ることに価値がある」「目上の人に礼儀正しいのがすばらしい人間」といった価値観を刷り込む ・「上下関係」「うまい奴が尊敬され、下手な奴はないがしろにされる」というカースト観を刷り込む ・高度な専門知識を持った指導者がほぼ皆無なので、故障やトラブルが続発する&精神論に頼った未熟な指導が平気でまかり通る ・同調圧力を強化・浸透させる洗脳装置として作用している。他人の顔をうかがうクセをつけさせる ・生徒個人個人のやる気を無視して、全体主義的な圧力を用いて個人の行動をコントロールする ・部活動に費やした時間・お金に対するリターンがあまりにも乏しい ・せっかくお金の動きが学べる機会だというのに、マネーリテラシーを欠片も身に着けず卒部させる といった数々の問題点をまるっきり無視しています。   要は、日本の部活動制度というのは、表向きの「人間性を育てる」といった皮を剥いでみれば、 単なる「上司の指令に忠実に従う優秀な奴隷を育てる装置」として機能しているのです。   おかしいところがありすぎて、すべてを記事にするとたぶん30記事くらい書いても書き足りません。 ですから今回は、「せっかくお金の動きが学べる機会だというのに、マネーリテラシーを欠片も身に着けず卒部させる」を特集します。 お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)posted with ヨメレバ勝間 和代 光文社 2007-11-16 AmazonKindle楽天ブックス ...

HOT NEWS