ホーム タグ 音読

タグ: 音読

APLICATIONS

現代日本では「やらされる活動」が能力の低い人をもっとダメにしている!勉強でも部活でも仕事でも。

こんにちは、栗栖鳥太郎です。 今回は、最近気になっている「やりたくてやる」と「やらされる」の違いについてお話しします。 現代日本では「やらされる活動」が能力の低い人をもっとダメにしている!勉強でも部活でも仕事でも。 「やらされる」は悪い結果しか招かないし、「やらされる」に甘んじる人はこれからどんどん淘汰されていく 「現時点で能力の低い人」に「やらせる」のは、最悪の組み合わせ たとえば、「物事に対する集中力がない」と言われている人のことを考えてみましょう。 バイトでしょっちゅうミスをする。勉強が続かない。指示通りに物事を進めることが苦手。 こういった人は「注意散漫」というレッテルを貼られ、無力感に苦しむことになります。   しかし、本当にその人は無能なのでしょうか? 集中力がない、にも二通りあります。 ①ほんとうに集中力がない人。脳の機能がそうなっている人 ②自分の好きなことであれば集中力がある人。やる気のわかないことに魅力を感じない人 もしもその人が①のタイプであれば、まずは集中力をつけるための脳改造に取り組むべきです。 このブログでも過去に扱ったテーマですが、たとえば「食事、運動、瞑想、音読」などによって物理的に脳を変えて集中力をつけるアプローチがあります。集中力がない、と嘆く時間があるのなら、そういったアプローチを試してみるべきです。   一方で、もしその人が②のタイプだったとしたら、その人は決して無能ではありません。 本人が集中力を発揮できるものであれば、集中できるのです。いまやっているものが合わないというだけです。 レジ打ちがまるでできない人が実は日本一のトレーニングインストラクターかもしれませんし、授業をまるで聞いていない子どもは実は物理学の偉人になるのかもしれません。 イチロー選手はバスケの練習を長時間できるような精神構造になっていないでしょうし、マイクタイソンが将棋に長時間集中できるかといえば怪しい気がします。 どの分野であっても、「本人に自発的なやる気があるか」がかなり重要なのです。 やる気がないことに集中するのは困難なのに、それを無理やりやろうとするところに矛盾があります。 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方posted with ヨメレバちきりん ダイヤモンド社 2016-11-26 AmazonKindle楽天ブックス楽天kobo ...

HOT NEWS