イン・アウト・高め・低めをホームランにするためのイメージについて

   

イン・アウト・高め・低めをホームランにするためのイメージについて

※個人のイメージです。効果には個人差があります

色々な情報を総合して考えてみた

色々な人の話や、上手い人の感覚や、打撃のメカニクスを勉強したりしているうちに、

「このコースってこう打てばいいんじゃね?」

「低めってこうやれば放り込めるんじゃね?」

というパターン集を作りたいな…と思うことが多くなってきました。

ある程度万人に通用する「ホームランマニュアル」を作れば、もっと多くの人がホームランを打てるようになるんじゃないかと。

 

そこで、作ってみました。

基本的に右打者を基準にしております。

 

インコースの放り込み方

インコースは基本的に「肘を抜いて身体を素早く回転させる」です。

 

肘を抜くとヘッドスピードこそあまり出ないんですが、

しっかり右半身を入れ込んだ状態でボールを芯に当てると、ヘッドスピードが遅くても案外飛ぶのです。

レフトスタンドに向かって角度も(自動的に)良い感じにつきます。

 

うまくできると、右打者なら三塁側のファールゾーンからフェアゾーンへと、ポールを逆に巻いていくようなかっこいいホームランが打てます。

 

アウトコースの放り込み方

 

アウトコースを流そうとすると手だけで当てに行きがちなのですが、

「右半身が入っていない状態」でインパクトすると、バットがボールに押されるような感じになって、だいたい逆方向の力のないポップフライになってしまいます。一般的に「フライは逆方向に上がりやすい、ゴロは引っ張るとなりやすい」と言われますよね。ポップフライではなくホームランにするには、右半身を入れ込むついでに「ややボールを上から押さえつけてやる」のも良いかもしれません。

 

「手だけで当てて力ないポップフライになる」のを防ぐためにも、ある程度右半身をしっかりと回転させてやること。身体を回転させる&手だけで追いかけなければ、バットは外角に向かって勝手に伸びていってくれます。

 

 

高めの放り込み方

高めのボールを放り込むのは簡単で、そもそも「振らなくていい」のです。

振らなくていいというのは、高めを放り込むのに「力を込めたスイング」はいらないということ。

 

実際、シーズン1本塁打の選手のホームランはだいたい高めです。

高校野球なんかでもそうですよね。非力な選手が放り込むときはだいたい高めです。

非力な選手が低めをすくい上げて放り込むのは非常にレアケースですよね。

 

というのも、日本人が自然に何も考えずにスイングすると、バットは「高めのコース」を通過するからです。

また、高めはバットがボールの下に潜り込みやすく、打球に良い角度が付きやすい(まずゴロにはならない)のです。高めがホームランになりやすいのはこういうわけです。

 

ですから、高めは「力を抜いてごく普通に振る」だけで、パッカーンと気持ちよく飛んでいきます。意識するにしても、「右半身を軽く入れて、払う」くらいの意識で十分です。

 

逆に、高めを力んで振ったりする(たとえば釣り球にひっかかる)とまずホームランにはならないので要注意です。ホームランになりやすいコースでもあると同時に、バッターが反射的に手を出してしまいやすいコースでもあるのです。

 

低めの放り込み方

最近の野球中継を見ていると、

「低めを突いておけば長打はない」

というのは日本人打者に特有な事情になりつつあります。

 

特に、最近のメジャーリーガーは

①カチ上げるようにスイングをする打者がほとんど

②骨盤やら打法やらの関係で、もともと日本人打者よりも「自然に振った時にバットが通過するところ」が低めに向いている

③もともとリーチが長い

④低めを打つ技術の浸透(動画参照)

といった事情もあり、低めいっぱいの厳しいボールでもホームランにしてしまう打者が増えているようです。

現在メジャーで主流の打法というのは

「ボトムハンドの肘を空けて、トップハンドで押し込むように打つ」

というもので、もともとは150km/hを超えるファストボールに対処するため&手元で動く多彩な変化球に対応するため&打者のフィジカル向上 といった土壌のもとで醸成されてきた…という歴史があります。

 

ボトムハンドの肘を空けてトップハンドで押し込む…ということは、実は、低めの球を放り込む方法が成立することになります。

要するに、

「前足の膝をやや折って思いっきり重心を低くしてやる」と、「低めのボールも右手+右半身でガツンと打てることになる」

のです。身体の回転ごと低めに向けることができますからね。

 

それに対して、メジャーリーグの従来型の打ち方(そして現在の日本でも主流の打法)である

「前の手でバットを引き出して、前脇を締めて、ヘッドを走らせる」打ち方

だと、低めをそのようにして打つことはまず不可能です。打つにしても「拾う」くらいの対応しかできないはずです。

 

低めをホームランにしたいのであれば、間違いなくメジャー型のほうが向いています。

(当たり前ですが、低めを放り込むには相当の身体の強さが必要です。しっかり鍛えましょう)

 

※上の4パターンを組み合わせて対処します

基本的に、「スタンドに放り込む」ためには、以上の4パターンを組み合わせてやればよいのです。

 

・インハイ

・インコース真ん中

・インロー

・真ん中高め

・ど真ん中

・真ん中低め

・アウトハイ

・アウトコース真ん中

・アウトロー

 

…それぞれどのように放り込めるか、今回の記事の内容を使って考えてみましょう。

やはり、「放り込む」という点でいえば一番難易度が高いのはアウトローですね。

 

 

逆に、あまり「放り込めるスイング」になっていない例として、松井裕樹投手の奪三振ショーをご覧ください。

色々なコースの空振りが詰まっていますが、基本的に

「アウトコースを手だけで追いかける」

「インコースを打つ時に投手側の肘が抜けない」

「高めを振るときに力が入りすぎている」

「低めを振るときの重心が高い」

というのが見て取れると思います。

あとは背中の入りすぎとか、バットが身体から離れすぎとか、ダウンスイングしすぎとか。

 

日本でいうところの「基本に忠実なバッティング」をすると間違いなくこうなるという好例です。

今治西高校・常総学院・光星学院の方々ごめんなさい。

 

※試合で無意識でできるように、練習できっちり刷り込んでおきましょう

 

もちろん、

「練習の段階で無意識化しておくこと」

も必要です。

 

一つの到達点としては、今回の記事で紹介した打ち方を参考にしながら、

「置きロングティーで全コース柵越え」

を目標にしてみてはいかがでしょうか。

 

では、また明日。

 

 - ピッチング, 野球, 野球アイディア